しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

しみず歯科新メンバー

みなさん こんにちは

もうすぐ8月も終わろうとしていますが、日中の日差しは全く優しくないですね。
夕方の風は、少しづつ秋の気配をツクツクボウシと一緒に運んできてくれているように感じます。

先週の土曜日に、しみず歯科を旅立つスタッフと新たに仲間になったスタッフの歓送迎会がありました。
全員集合してみるといかに女性の多い職場かと実感します。
みんなに暖かく見送られ、見守られお二人とも素敵な笑顔をされていました。

なんだか大家族のイベントのような暖かい会でした。
これもひとえに院長の人柄と、これまでしみず歯科の歩んできた正しい道筋によるものなんだなあ・・・・
と、まだ仲間入りして1年半のTはしみじみと感じる次第でありました。

翌日、日曜日には家族で蒜山高原に行ってきました。気温は市内より低くて27℃くらいでしたが日差しがとてもつよくて、我が家の奥さんは日焼けで背中がやけどしておりました。
我が息子は、ジャージー牛さんのお乳をもらっておいしそうにソフトクリームをほおばっていました。

そろそろ涼しい季節が近づいてきたので是非お勧めです!!

あたらしいスタッフともどもしみず歯科をよろしくお願い致します(●^o^●)
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-30 13:10 | Dr.T

Dr.J「アジアパシフィック2010」

8月21・22日、東京品川で
「ノーベルバイオケア シンポジウム アジアパシフィック2010」が
開催され、参加してきました。

今回は、画期的な術式や新しい器材の発表の場であるというより、
より安全により低侵襲にインプラント治療を行うためにはどうすればよいか
ということにフォーカスしていた感でありました。

インプラント治療において、
今や難しいケースでも適応できる様々な治療方法が確立されてきています。
ただ、技術的に進歩してもそれを施術するのも受けるのも「人」であります。
患者さんそれぞれの価値観が違うように、適応される治療計画も様々です。
インプラント治療に限らず、すべての治療において
術前の診査・診断と治療計画を患者主体で検討していくことが
重要であると思います。

シンポジュウムでは、
コミュニケーションの重要性、低侵襲治療のトレンド、
インプラント周囲組織の審美的維持、審美治療のための材質選択、
骨移植の選択と適応、メンテナンス、
無歯顎患者への即時負荷の注意点など
10のセッションが2日間で行われました。
他にも、歯科衛生士・歯科技工士対象に2つのメイン会場が設けられ、
セミナー、ハンズオン、ワークショップが同時進行で行われていました。

アジア地域を対象に2400名以上の参加者を集めて
開催されたシンポジュウムで
現時点での世界的な考え方やコンセンサスが示され、
より成功率を高め、最大限の効果を得るインプラント治療はどういうことか
見えてきたような気がします。
b0082615_14242429.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-24 14:24 | 院長(Dr.J)コラム

新たなる一歩

みなさんこんにちは。

お盆を過ぎても残暑どころか、ますます猛暑が増しているのではないか・・・と感じる今日この頃ですが、
皆様は体調を崩されたりはしていませんか?

タイトルにも書きましたが、先週末しみず歯科の仲間が一人、新たなる一歩を踏み出していかれました。
以前から話には聞いていましたが、語学を学ぶために留学されるそうです。自分の普段使っている言語ではない国に飛び込んで、自分の身につけるのは、とってもパワーが必要な事だと感じます。
本当にリスペクトです(>_<)

それからもうひとつ。
友人が人生の伴侶を見つけて新たな一歩を踏み出しました。とても暑い日曜日に、とてもアツい二人の門出に立ち会えたことはとっても幸せな一日でした。

同級生とも久しぶりに酒を酌み交わして、日々の苦労話をアツく語り合いました。
そんな時間も人生の大切な時間だなあと噛みしめました。

自分も二人に負けないように一歩一歩前進して、多くの笑顔を提供できるように頑張りたいと思う暑い日の日曜日でした。
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-23 22:00 | Dr.T

世界で戦う力

こんにちは。

お盆休みには、お墓参りと笠岡のひまわり畑に行ってきました。

笠岡の農業空港の近辺にある100万本のひまわり畑はとっても元気に太陽に(●^o^●)を向けた
金色のひまわりで埋め尽くされていました。
先月フライングして訪れた際にはまだ完全にただの畑だったのに・・・
植物の生命力には驚かされるばかりですね。

先日、8チャンネルの≪エチ○の力》という番組で、最近の若者は世界で戦える力を得るために、
アメリカの某○ーバード大学に留学したり全寮制の中高一貫校で英語ディベートの力を養ったりと
海外進出を視野に入れた教育を受けているそうです。

私の身を置く歯科界においては、日本が世界のフラッグシップとなっている分野も多くあります。ただ自分がその領域に達するためにはまだまだ研鑽を積む必要があるのです。

世界と勝負する歯科医師になることを夢みつつ、今日も充実した一日を過ごそうと心に決めたTでした。
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-16 19:50 | Dr.T

Dr.J 「伝える力」

しみず歯科も13日、14日と二日のお盆休みをいただきました。
特にどこかに旅行というわけではありませんでしたが、
お墓参りに実家に帰っていました。
今年は、実家で少しゆっくりする時間があったので本を読んだりしていましたが、
その中で、「これは!」と思う本の紹介を・・・。

今、テレビの番組で引っ張りだこの池上 彰氏の著書
「伝える力」

人に基本的なことを、きちんとわかりやすく説明するのは一見簡単なようで
実は、とても難しいのです。
著者は、いろいろな番組で難しいことをとてもわかりやすく説明してくれているので
「うん、なるほどな」と感心して見入ってしまうこともよくあると思います。
本を読んでいくと、わかっていないのにわかったつもりになっていることが、
実に多いことかと思い知らされます。

「伝える力を高めるには自分自身が深く理解することが必要」
もう一つ
「聞く耳を持つこと」と他者の意見に「謙虚である」こと
が大切だと書いてありました。

われわれもまず患者さんに「どうしてそうなったのか」という原因をお話し
診断をして、治療計画を立案していきます。
次にそれを理解していただくために説明をします。
ここでも「伝える力」がとても大事であるのは間違いないでしょう。
また、患者さんのお話に耳を傾けることが大前提であるのは言うまでもありません。

診療においては、常に謙虚に
そして「伝える力」を高めるためにブログを書くこともいいと・・・。
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-15 23:40 | 院長(Dr.J)コラム

花火

岡山市の花火大会に行ってまいりました。

毎年すごいたくさんの人が来られていますが、今年も負けないぐらいたくさんの人で賑わっていました。
花火というものは、花火職人の方が一つ作るのに、膨大な時間と修行が必要だそうです。

毎年、コツコツ、コツコツ一つずつ作って、それだけ丹精込めて作ったものも、一瞬の美しさと盛り上がり、そして感動と儚さ。花火っていろんな感情を呼び起こしてくれる気がします。

花火職人の事を考えていると、日々をこつこつ積み重ねることは自分にとって、晴れ舞台までの準備期間なんだろうなって思いました。

人に感動を届けるって、自分の何事に取り組むことの姿勢が大事で、それが重ければ感動も達成感も大きくなるように思います。
今日も一日頑張りたいと思います。
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-02 08:04 | Dr.G

Dr.J「いいところをほめる」

しみず歯科では、毎週金曜日のお昼にランチミーティングを行っています。
ミーティングでは、スタッフの一人が当番で何かのテーマを決めて発表をしたり、
実習形式の伝達講習をしたり・・・。

次のテーマは「いいところをほめる」!

くじ引きで席順を決め、その隣の人の「いいところをほめる」というもの。
私の勝手で一週ずれてしまいましたが、
今週それをミーティングの中で行う予定のようです。

院長である私は、本来スタッフの一人ひとりをよくみて、
いいところを引き伸ばしていくという人材育成の役割があるのでしょう。
でも、実のところ私は「人をほめるのが下手」なぶりにはいると思います。
というか、あまりほめることをしないので、上手も下手もないのかもしれません。
これでは、院長失格ですね。

人に注意をするのは簡単ですが、うまく叱るのは少し難しいと思います。
さらに励ましたり、いいところを見出し、伸ばしていくのは、
もっと難しいことでしょう。

日々の終礼で、患者さんからこんな言葉をもらったとか
こんなことを頑張ったとか、ほめるみたいなことをやっていたこともあります。
よいことや感謝の気持ちを共有することはとてもいいことだと思います。

今回のミーティングを機会に私も少し勉強して
「ほめ上手」な院長を目指します。
[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-01 23:05 | 院長(Dr.J)コラム