しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Dr.J「歯周内科治療」

平成21年度岡山県歯科医師会秋季歯科医学大会が
11月29日(日曜)岡山県歯科医師会館で開催され、
生田図南先生(熊本県天草市開業)と
高柴正悟先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科歯周病態学研究科教授)
お二人が「歯周病治療における歯周内科治療の現在」というテーマで講演された。
(高柴先生の同級生ということで私が座長を務めることになったのだが・・・)

第Ⅰ講演は、生田先生が「なぜ、歯周内科治療が必要だったのか?」ということで、
シビアな歯科界の現状を踏まえ、どんなことに取り組んできたかを話された。
特に院内感染防止対策に対しては効率的なシステムとして構築され実践されている具体例を示され、
後半は歯周病治療への疑問から歯周内科学に至った経過を述べられた。

午後からの第Ⅱ講演は、高柴先生が歯周病治療を行う際の歯周感染を客観的に捉えるために
歯科での歯周感染検査と
医科での全身的炎症の検査結果を理解することが重要であると述べられた。

第Ⅲ講演では、生田先生が歯周内科治療の進め方を、具体例で示され、
使用する抗菌剤としてのジスロマックについて
患部への移行性が高く白血球の関与により有効濃度が持続する仕組み
(ファゴサイトデリバリー)をわかりやすく説明してくれた。

お二人の先生方の話から、歯周治療に限らず、検査と評価は客観性が重要で、
どうしてこうなったのかという探究心が臨床には必要だと教えらた。

今回の歯周内科的治療は、我々の日常臨床において大きな示唆が得られたという実感であった。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-29 23:50 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.T 最近のトピックス

インターネットを検索していますと11月9日のニュースの中に

「個人差大きい人体の細菌=口は類似、腸はさまざま」-病気予防へ貢献期待・米大学調査というScienceのタイトルが飛び込んできました。

内容を読んでみると、人体に生息する細菌の多様性は、
一人ひとりの時期による違いよりも、個人差の方が大きく、
身体の各部では、口内が似ている一方、腸内は大きく異なることが分かった。

というものでした。


口腔内の細菌叢というのは、あまり個人差が認められず類似しているということが

科学的に証明されたにも関わらず、口腔内のトラブルに関しては個人差が大きくある

という事実から考えるとやはりそれぞれの個人の口腔内の環境因子の問題や抵抗力が

お口のなかのトラブルに大きく関与していることの一つの裏付けともいえるのかもしれません。

また、この研究は健康な成人をサンプルとしていることから今後は様々な疾患をもった方の

データと比較することによってより早期に対応することや新しい治療法の確立に役立つことが

期待される報告です。

これからの医療は個人個人の患者様の一口腔単位ごとのオーダーメイド治療の

必要性を再認識させられるトピックスでした。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-16 01:39 | Dr.T

Dr.Y    東京デンタルショー

東京デンタルショーに行ってきました! 
b0082615_0282492.jpg

デンタルショーとは歯科関連のメーカーが集い、新製品を展示することで多くの歯科医療従事者に知っていただくという歯科関連器具の祭典です。
合ってるかな?

ともかく新製品が目白押しで、各社勢ぞろいで、しかもデンタルショー価格で販売されているため、何かを買おうという目的の人にとっては最高のシチュエーションなのです。

私の今回の目的は自分の将来の独立に向けてのシュミレーションでした。
例えばユニット(患者さんが座るイス)一つ選ぶとします。
各メーカーが様々なコンセプトで作っており、どれも一長一短でとても悩みます。
b0082615_0464568.jpg

で、実際に座ってみました。

余計にわからなくなりました(笑)


前日には黒井夫妻と今回お世話になった歯科商店のMさんと一緒に新橋で焼肉を食らいました。
b0082615_0581789.jpg

高架下最高!!

東京へ行ったときは是非また行きたいです^^
[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-09 01:09 | Dr.Y

Dr.J「ICLSコース」

今日は、ICLSコースを岡山大学医学部で受講してきました。

ICLSとはImmediate Cardiac Life Supportの略で、
日本救急医学会が認定するALS(Advance Life Support:二次救命処置)の中でも基本となる、
突然の心肺停止に対する最初の10分間のチーム蘇生に重点を絞ったコースのことです。

14名の受講生に対してインストラクターが14名付くというマンツウマンの実習で
一日かけて蘇生のために必要な技術やチーム医療について学びました。
朝の一番最初に簡単なテストがあったのですが、
この時は知識はあやふやであまりよくわからなかったのが正直なところです。

午前中にBLS(Basic Life Support:一次救命処置)とAEDの実習、
続いてモニター・除細動器の使用法、マスク換気・気道管理の実習を受けました。
ここまででもかなり内容の濃いものでしたが、

午後から心電図の見方を学び、心肺停止にいたった原因検索まで
実際にシュミレーションをしながら実習しました。

過去に何度もAEDの実習を受けたことはあるのですが、
モニターを見ることによってVF(心室細動)やVT(心室頻拍)などの状況がよく理解でき、
モニターのないAEDでもある程度状況把握ができることは大きな収穫でした。

久しぶりに暖かい行楽日和の日曜日というのに、
朝から始まり実習が終わる頃にはもう外は暗くなっていましたが、
とても充実した有意義な一日を過ごせたと思います。
b0082615_1525339.jpg

岡山大学医学部救急医学教室U教授をはじめ
NPO救命おかやまのインストラクターの皆さん
大変ありがとうございました。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-08 23:13 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Y 小濱先生講演会

急に寒くなりましたね。
昨日の帰りはさすがに寒く、一杯目にいも焼酎の湯割りをたのみました。(いつもはビール)
私事ですみません・・・

さて土曜日の診療後、清水院長は研修先である韓国へ向け飛び出して行きました。
かなりぎりぎりだったので心配でしたが、無事に韓国行きの飛行機に間に合ったとの報告を受け一段落。

“先生、あとは任せてください。スタッフ全員でしみず歯科を守ります。帰国したら研修報告おねがいします。”

飛行機にトラブルがなければもう既に帰途に就いていることと思いますが、これだけは言いたかったので一応書いときます。


日曜日は岡山大学病院にて審美修復、インプラントでご高名の小濱先生の講演に行ってきました。
実は今年の3月にも福山で同様の講演会があり、院長、技工士片山と私の3人で参加してきました。
内容的には少しかぶっていましたが、復習・再確認ができました。

テーマはインプラント。
講演は休憩を挟み6時間以上にわたり、前歯部、臼歯部における注意点・抜歯即時埋入の適応・メインテナンスの方法に至るまで小濱先生の臨床経験から得た治療戦略を吸収することができました。

最後の質疑応答も盛況でした。
印象に残ったのは岡山大学同窓会長であるN先生の質問に対しての言葉。
『日本の技工士は世界でもトップレベル。ただそれが日本では認められていない。
今技工士はとても勉強しているから、歯科医師もそれに負けないくらい勉強していかないといけない。』
のようなニュアンスの話でした。

いい補綴物を作っていくためには歯科医師と技工士が共通の知識を持って、精進していかなければいけないなと感じました。
さっそく月曜日にDT片山に報告しました。
片山氏、がんばろうな!

b0082615_1434211.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-03 23:42 | Dr.Y

Dr.M 寺内吉継セミナー

今回は、先日、Y先生と参加したセミナーの紹介をさせていただきます。
(先日のY先生と内容がかぶってしまい申し訳ありません)

講師は、神奈川県大和市で開業されている寺内吉継先生でした。
寺内先生は、今回、
『ニッケルチタンファイルでニッポン・ENDO革命~保険治療をエンドしよう~』
というテーマで、いわゆる根っこの治療・神経の治療(=根管治療)について、
その基本的な知識や手技から、ニッケルチタンファイルを用いての最新の治療方法について、
とてもわかりやすく講演をしていただきました。

まずは、
「米国式の根管治療」
「CTやマイクロスコープの有用性」
についてのお話から始まり、

続いて、
「根管治療の流れ」
「痛みの原因診断(本当に根っこの治療が必要?)」
「根管治療の基本的な手技」
のお話があり、

その後、今回の講演の本題である
「ニッケルチタンファイルを用いての根管治療の方法」や
「実際の臨床でニッケルチタンファイルを用いた症例の発表」がありました。

さらに、後半では、
「化学的根管形成・洗浄の必要性」
「加熱垂直加圧根管充填法」
「MTAセメント」
と続き、3時間半では足りなと思えるくらい、とても内容の濃い講演でした。

今後、今回の講演で得たものを、一つ一つ実践していきたいです。

以上、先日参加した講演の紹介でした。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-11-03 21:57 | Dr.M