しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 最終回

お世話になりました!!

ほんとうに、ありがとうございました。

4年間の勤務を終え、しみず歯科を退職し、東京ミッドタウンデンタルクリニックに就職
をいたしました。

しみず歯科で過ごした時間が、私の歯科医師、人間としての軸を形成しています。
清水院長、担当をさせていただいた患者様、そして大好きなスタッフ達に
心から感謝しています。

就職して間もないころは、いろんな面で非常に未熟だったのを覚えています。
今でも大したことないですが・・・(笑)
みんなとの関わりが、自分にとって実となり、私の器の範囲で大きく成長
できたと思っています。

特に、4年前から今でも全く変わらない、歯科医療への意欲、情熱
おもしろいと思う気持ち
を持ち続けられているのは、すべて
清水院長のおかげです。

素晴らしい環境で、仕事ができたことに誇りを持っています。
おかげでこちらでも勝負できる気持を持つことができました。



私は人間が大好きです。



どちらかというと「性善説」派であり、信条に

「環境で人は変わることができる。 そしてその環境は自分達ひとりひとりが創るものだ。」

ということを持ってみんなと関わってきました。

めちゃくちゃ楽しいことや、すごい思い悩むことや、辛いことも多々ありました。
そしてその中でひとりひとりと深く関わることができたことがとてもうれしかった。

そんな私にとって、しみず歯科最後の送別会は衝撃でした。


盟友、平松あにきと技工士大ちゃんの漫才。

まさかの清水院長のエロ?詩吟(笑)。

最高でした。

それから、スタッフ全員が並んでの手紙の斉唱。

あまりの出来事に、自分のことだとは受け止めきれませんでした。

手紙を読むと今でも泣けてきます。
(前半笑って、後半泣けてきます。)


大好きな黒井先生から始まるなんて!!
みんなが言ってくれたように、情熱とやさしさを大事にして、人と関わっていこうと
思います。

すごく背中を押してもらった気がします。

二次会に来てもらった先生や元スタッフ、お世話になった材料店さん、技工士さん、後輩
にも言葉をいただきました。

感無量。

ここで頑張らんと男がすたる。


こちらはとても厳しいです。
結果を求められるシビアな世界。
しかし、刺激的でもあります。

やるだけやってきます!!

4年間ほんとにほんとにお世話になりました。


ありがとうございました!
[PR]
by shimizu-dc | 2009-02-26 01:45

Dr.J「門出」

b0082615_1181575.jpg2月14日、しみず歯科で4年間勤務してくれたDr.Qの最後の診療日であった。

診療後に、Dr.Qの壮行会があり、今後東京でさらにレベルアップを目指しての門出を祝した。
一次会ではしみず歯科のスタッフたちが心温まる思い出の言葉を投げかけ、漫才で盛り上げてくれた。
二次会では彼とともに仕事をした多くの仲間たちが駆けつけて暫しの別れを惜しんでいた。

患者さんに対してもスタッフに対しても熱い人柄であった彼は多くの人たちからエールを送られ感極まって言葉にならない様子であった。

4年という短い期間であったが、しみず歯科で勤務した彼は目覚めるように成長し患者さんからもスタッフからも信頼を得る実力の備わった歯科医師となった。
音楽(DJ)や、スポーツ(サッカー)にも造詣の深い彼は他業種の人たちとも多くの交流があり、人が好きだという人間の幅をさらに大きくしているのでは、といつも感心する。

そんな彼に言うまでもないかもしれないが、上司として3つの言葉を送った。

 医療に携わるものとしてこれからも一生学ぶ姿勢を忘れないこと
 人とのかかわりを大切にし、周りの人たちをHappyにしてあげること
 どんな苦労も経験も自分の人生にとって何一つ意味のないものはないということ

自分自身心掛けていることであるが、まだまだできていないことが多い。
しかし彼なら熱意と行動力で素晴らしい未来を切り開いていくだろう。
心から彼の門出を祝いたい。

今後、彼は国内でも最高峰の東京ミッドタウンの歯科クリニックでさらに研鑽を重ね、日本の歯科医療界でリーダーシップを取れるような偉大な歯科医師になるだろう。

4年間本当にご苦労様でした。そしてありがとう。b0082615_1184737.jpg
[PR]
by shimizu-dc | 2009-02-15 11:18 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.J「人はハピネスを求めて集まる」

2月8日 日曜日、この日はいろいろなところでセミナーが開催されていたようだ。

岡山県歯科医師会主催の「患者さんが集まる歯科医院をめざして」倉治ななえ先生、
岡山県歯科衛生士会主催の「歯周治療に必要なインスツルメンテーション」近藤ひとみ先生、そして日本歯科審美学会主催「ホワイトニングコーディネーター講習会/認定試験」が岡山市内や高松市で開催され、スタッフはそれぞれ参加してきたようである。

私は、岡山県歯科医師会で開催された倉治ななえ先生の講演会を聴講した。
開演5分前に会場に着いたが、5階大ホールがほとんど座る所もないくらい参加者でいっぱいになっていた。

内容は~医院と人をつなぐコミュニケーション~
1.効率のよい診療をするために
   30分のアポイント時間をいかに有効に使うか
(チェアサイドでのタイムマネージメント)
  患者さんをお待たせしないために前もって準備すること
   (朝のカルテチェック、根拠がはっきりしたメンテナンス)
2.院内コミュニケーション
   院内規則をつくる、守るために
3.困った患者さんにどう対応するか
   クレームを言う患者心理を考え、どのように対処するとよいか
4.ノーマライズ実習のやり方を学ぶ

現代の医療が抱える問題として、大病院でもモンスターペイシェントやクレイマーが取り上げられたりしているが、小さな歯科医院でも同様なことが起こっているという。
いかにクレームが起こらないようにするには、という話も述べられた。

一番印象に残ったことは、
治療やメンテナンスに患者さんが継続してきていただくにはどうすればよいか?

それは、

その医院が元気やハピネスをいかに提供できているかどうかである。

正にその通りであると思った。

参考になることはいろいろあったが、若いスタッフに是非学んでもらいたい内容であった。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-02-10 11:47 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 旅立ち

ラストサッカー!!

今日は所属している社会人リーグのサッカーチーム「ヴィヴァーチェ」の
練習試合がありました。

故あってこれがラストの参加となる試合。
いつも以上に気合いを入れて臨みましたが・・・。

最近運動してなかったから・・・。

バテバテ(笑)。

相手は県リーグ(上位リーグ。私はその下の備前リーグです。)から降格
してきた強いチーム。


30分一本を合計4本。

なんとか有終の美を飾りたい私にチームメイトはボールを集めてくれる。


しかし、1点もとれないまま、3本が終わり。チームのテンションも↓。
私の疲労も限界に。

ラストの4本目。
1トップのフォワードを託された私に絶好のチャンスが到来。


キーパーとディフェンダーと私の間に絶妙のパスが入る。

ここしかない!

足はすでに棒のようになって、いつつって痙攣するかわからない。


しかし今は足がちぎれてもかまわない!!

届けーーーー!

と伸ばした足がボールに触った。


ふわっと浮いたボールは絶妙の弧を描き、ゴールに吸い込まれる。


ゴーーーーーール!!!


すごくうれしかったです。
いろんな職種の友達が集まったサッカーを愛する最高のチーム。
サッカーはずっと続けます。

b0082615_2213528.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2009-02-08 22:34