しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 名古屋セミナー

インプラント審美補綴セミナーに行ってまいりました!

私は日曜、名古屋に白鵬主催のセミナーに行ってきました。

講師は岡大卒の2人!飯田先生と鈴川先生。
同期に誘われ、以前から申し込みをしていました。

b0082615_743155.jpg


歯科医師会、院長座長の中村先生の講演に参加できなかった
のは残念でしたが、名古屋、大阪でそれぞれご活躍され、全国的にも
著名なお二人の講演を聴き、興奮しました。

内容もさることながら、パワーがすごい。
お二人は岡大時代、同期でいらっしゃって同じように今の歯科界に
真っ向勝負している。

「おれもやりたい!近づきたい!」

そう感じた楽しい一日でした。

b0082615_7433718.jpg


写真は講師の飯田先生のブログから拝借しました。
内容はまた!掲載します。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-01-26 07:47

Dr.J「インプラント治療におけるCT画像診断」

本日1月25日、熊本でご開業の中村社綱先生をお招きし、
「インプラント治療におけるCT画像診断の役割」というテーマで
第136回岡山県歯科医師会学術集団会が開催された。

私は今回、学術部の担当として座長という大役を勤めさせていただいた。

インプラント治療における確実で低侵襲な治療方法は、
患者ニーズに応えると共に術者も安心して治療を行うことが重要なポイントになる。

現在では、CTから得られる立体的な画像で術前に骨形態を把握すること、
また手術する際のインプラント埋入位置を正確に3次元的シュミレーションすること、
手術の際の位置決めをする手術ガイドを製作すること、
さらに寸分も狂わない正確な歯を当日装着することまで可能になっている。

今回のセミナーは、
インプラント治療の現状と新しい潮流をお話いただき、
次に画像診断、リスク評価、その対処法を述べられた。
さらにガイドサージェリーについてはムービーでオペの術式を示された。
これは、1時間足らずで上顎総義歯が、大掛かりな外科処置をすることなく
固定式のブリッジに替わるというものである。
あまりの手技の見事さに感動さえ覚えるものであった。
もちろん術前にCTの画像診断と手術のためのガイド作成専用ソフトでの計画と
綿密な準備、正確なインプラント埋入手技が必要なのは言うまでもない。

ただし、いいことばかりを述べられたわけではなかった。
リスク評価として、患者さんの全身状況、
特に糖尿病、喫煙、放射線治療、ホルモン療法が成功率に大きく関わるので
それぞれを解決しておくべきだということや、
手術時のリスク回避として
舌下動脈・オトガイ動脈、下歯槽神経に解剖学的に注意しておくべきだ
ということも強調された。

自らの失敗例を示され、リカバリーの具体例を話されたことは
我々に大いに参考になることであった。
(普通、講演会等でなかなか失敗例を話されることはない!)

b0082615_23475421.jpg
講師はこのシステムを利用してのインプラント治療を
何百症例と行い
臨床に活用され大きな成果を上げられている。
もちろんガイドだけに頼るのではなく
注意深い診断力と外科手技は高度なものが要求されるが、
術者にとって見えない部分を術前に把握でき
インプラントのサイズ、埋入深度、角度を確実に規定しての手術が行えるのは
歯科治療の安心、安全に繫がる。
平成21年はシュミレーションソフトを使ったガイドシステムと
即時荷重ができるインプラントシステムの全盛期が始まると強調されていた。

ところで、
インプラントの普及率に関しては、先進国と言われる日本はいかがなものだろう?
中村先生によると1000人中19人と16番目らしい。

今後インプラントの治療レベルはさらに進化し、
日本も欧米並みの普及率になる日も遠くないだろう。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-01-25 23:49 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 同門会

同門会に行って参りました

特別講演の講師は、新しく岡山大学の予防歯科の教授になられた 森田学 先生 でした。

疫学という、臨床統計のスペシャリスト。

簡単に言うと、多数の人数に対して行ったこと(例えば治療であるとか、アンケートであるとか)
の結果から、事実や傾向を導き出す研究です。

前、ブログで記事にしたことのある、8020市民公開講座でのトピック。
80歳で20本以上歯の残っている人は長生きであった。
いい入れ歯をしていると、高齢での転倒が少なかった。


などは、疫学研究によるひとつの科学的データです。

おもしろい意見をたくさん聞かせていただきました。


超一流の大学、病院などがある都会。
市民が受けれる治療技術なども当然高くなるはず。

しかし、全国で比べた平均寿命、高いのは長野県や沖縄県。
平均寿命が短いのは大阪など都会も多かった。

今話題の全国学力テスト。大都市はさんざんたる結果。

高度な教育や医療がどこまで国民の健康に貢献しているのか?
疑問が湧き上がります。

歯科に関して、

先進国の中でも子供の虫歯の数がまだかなり多い日本。

しかし、高齢になって残っている歯の数は・・・というと
アメリカ、日本、ドイツ、ポーランド、ニュージーランドで調べたところ


①アメリカ
②日本
③ドイツ
④ニュージーランド
⑤ポーランド

の順で多かったそうです。
歯を残していくことはある程度できているようです。

この結果から言えることは・・・

日本は 「治療技術」 は進んでいるが、「予防」 はまだまだ遅れているということ。

ちなみに虫歯が一番少ない県は・・・ 新潟

だそう。県のHPにも 白い米、白い肌、白い歯は県の誇り とあるくらい。

なぜ、ここまで虫歯が少なくなったのか?
カギはフッ化物洗口だったようです。

岡山は今日書いたどのデータでも上位にはおらず。

我々歯科医師がどこまで貢献できるのか?

考えていかなくてはならない大きなテーマです。

しみず歯科でも治療前後のメインテナンスや小児のフッ素塗布等、
予防的な治療に力は入れています。

患者さんとわれわれ歯科医師、歯科衛生士が一緒になって
取り組んでいくのが、予防歯科。

予防とは何なのか?


森田先生は最後に言われました。

「医療人としてではなく、外から、つまり患者さんの視点、立場で見れる(診れる)こと。
 それが 予防 の真髄。」

だと。医療の限界、あるいは医療が寄与できるもの。これを考えながら
モチベーションを高め、頑張っていくことが大切だというお話でした。


いい勉強させていただきました。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-01-12 20:46

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 謹賀新年!

新年明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

皆様、昨年はどんな年だったでしょうか?

昨年を振り返りながら、新しい年の抱負を考える。

当たりまえのようで、なかなかしないことです。

私にとって昨年は飛躍の年でした。
いろいろな勉強会を修了し、診療に生かすことができ、
プライベートでも充実した1年を過ごしました。

今年は、昨年を踏まえ、さらにさらに飛んでいきたい。
そう考えています。


頑張ります!!


私の口癖です。
「やれる」とはなかなか言えなくても「がんばります!」なら言える。
言うことで自分が元気になれる言葉なので、今年はどんどん
言ってこうと思っています。

今までの人との出会い、新たな出会いを大切にして、積極的に行動します。


今年もしみず歯科ともども、よろしくお願いします!!
b0082615_7124185.jpg

写真は初詣。実家近くの三重、松阪本居神社です。
毎年お世話になっています。
[PR]
by shimizu-dc | 2009-01-05 07:27