しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Dr.Y    歯の衛生週間

最近急に暑くなってきたと思ったら、週末から雨だそうでもう梅雨に突入しそうですね。

例年より二週間くらい早い気がしますが、その分夏が長くなるのでしょうか?

個人的には春と秋を一ヶ月ずつ長くしてほしいと思う今日この頃です。


さて来週の6月4日から10までの一週間は歯の衛生週間です。

6と4の語呂でムシ。→虫歯・・・でしょうか?

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が実施しているものだそうです。

『歯の衛生に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防処置の徹底を図り、併せてその早期発見、早期治療を励行することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進を寄与することを目的』


しみず歯科でも5日から三日間、患者様のお役に立てるようなイベントを企画しております。

この日に予約が入っている方はお楽しみに。
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-31 00:19 | Dr.Y

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 コミュニケーション

エモーショナルワーク

社会人は皆、エモーショナルワークに疲れている・・・。

今読んでいる「3分間コーチ」という本に書いていました。
エモーショナルワークとは 「人に気を遣うこと」 。

例えば、上司は部下にエモーショナルワークを強いている。
部下は上司の機嫌を損ねることを恐れています。
特に、上司のプライドやエゴを傷つけないように注意し、
コミュニケーションを交わすときも、気を遣っている。

仕事の内容より、むしろエモーショナルワークにエネルギーが割かれている。

コミュニケーションとは本来、対等な対場で交わされるもの

自由なコミニケーションが取れる”場”をつくらなくてはいけない。


医療人としては非常に大事なことだと感じました。
スタッフやドクター間だけでなく、患者さんとも自由に話せる場つくり。

お互い緊張をすることが多い今はまだできていないかも
しれないですが、今の私のテーマです。
自由に話せる力の抜けた場つくり。


先日行った徳島県神山町に住んでいる、尊敬する大先輩「ちゃんさん」。
彼は岡大の2期生で歯科医師として確かな人物でしたが、今は歯科医師
を止め、神山で、音楽と食事を楽しむエコな生活を送られています。

共通の知っているアーティストがきっかけで親しくなった関係。
人間力にあふれた彼は今、闘病中です。

彼がいつも心にとめていること。それは
脱力感~力をぬくこと
だそうです。いかに力をぬいて人と接するか。

とっても気持ちのよい距離感で気持ちのよい時間を与えてくれました。
いろいろと学ぶことが多かった。
また必ず遊びに行きます。

力をぬいて、気持ちのよい空気をつくれるようになる。
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-25 16:26

Dr.J「欠損補綴をマスターする」

今日は、岡山コンベンションセンターで、GC友の会主催の岡山特別講演会があった。

東京日本橋で開業の鈴木 尚先生を招いて
「欠損補綴の診断と方法論」というテーマでの講演で、
それに先立ってビデオでの講演であるが、
「歯周病とう蝕 それに潜む食の問題」というテーマでも
丸森英史先生、花田信弘先生の話も聞くことができた。

「欠損補綴」というのは歯がなくなってそれをどのように補うかという治療で、
歯科医学にとっては今やインプラントも含め多種多様な対応の仕方があると思われる。
これをどのように解決するかが今回のテーマであった。

同じような口腔内の歯の欠損でも病態タイプによって歯の失われた原因が違ってくる。
むし歯で歯がなくなったのか、歯周病で歯がなくなったのか、
また、そこに咬合力という因子が大きく関与するタイプなのかを診断することが大切だ。

病態を理解し解決しなければ以前と同じように病態を繰り返すことになる。
そのあたりをしっかり推測し診断することで治療方針が決定されるのである。

特に今回、咬合力を考えて治療方針を決定すること、
部分床義歯でもインプラントを追加することで
長期的に安定する義歯を作ることができると学んだ。

いろいろな設計のバリエーションを増やすことで
患者さんに喜ばれるパーシャルデンチャーを提供できるだろう。


前段のビデオでの講演「歯周病とう蝕、食の問題」のセミナーでは
患者さんとのかかわりで食事指導のポイントが示された。

肥満と糖尿病、歯周病との相関関係が説明され、
よく咬むことでメタボ対策
(現在、国の調査機関が30回咬むことで85cmウエストが改善するか調査中とのこと)や、
我々が患者さんにする食事指導のポイントとして、
1日の砂糖の摂取量を50gとして(そのうち25gは食事で摂取)
スティックシュガー(約8g)3本を基準に具体的な食べ物を示して
気づきやきっかけ作りにすることなどを述べられた。

まさにお口の中から全身の健康を考えるということである。

今日は、半日であったが、多岐にわたる分野で学ぶことができた。
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-18 23:30 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 一〇会 総合診断

今月の一〇会は総合診断

山口での包括的歯科治療ベーシックコース 一〇会も残すところ2回。
今月は
「総合診断」

でした。

患者単位
顎顔面単位
歯列・咬合単位
歯牙単位

それぞれの病態

そして、それらをそれぞれ関連、連動しての「総合診断」。

全身から末梢まで、診査診断し、生体の機能にとって
何が障害となっているかを診断。原因となっっている
障害だけを取り除いてあげる最小限の効果的な治療
で、最大の結果を得る。

再評価を繰り返し、自分の臨床を省み、診断し、長期的な安定を図る。

ケースプレゼンテーションを通して、
武道でいったら「奥義」をみせていただいた感。

やはり、ここの先生方は本当に尊敬できる真摯な
治療をしておられる。


「きてよかった。まだまだ学ばせてもらいたい。」


そう感じました。
来月がいよいよラスト。
名残惜しいですが、みっちり身になるよう勉強します。

b0082615_7315586.jpg


写真はGWに行った、友人がいる徳島県神山町の新緑。
とってもいいところです。
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-12 07:31

Dr.J「メンタープログラム」

5月10日土曜日、診療は午前中で切り上げさせてもらって
ノーベルバイオケア主催のインプラントセミナーに出席してきました。

講師は福山で開業されている「土屋浩昭先生」。
第一日目は「インプラント治療の総論、1次オペ、2次オペの診断について」

コース自体は基本的な術式から骨移植を伴う高度な内容までを
実習と実際の手術を見学するライブオペまで4日間のプログラムである。

講師の土屋先生は初めてお目にかかるのであるが、
噂どおりかなりダイナミックな方であった。
症例呈示されたそこここから妥協を許さない診療姿勢を垣間見ることができた。
何事においても徹底的に極めるというスタンスであるようだ。b0082615_21502086.jpg

日本でも有数のインプラントの指導者に学ばれ、レベルはトップクラスである。
症例数も西日本で群を抜いており、
難症例を手掛けられているというのに成功率は99.7%というハイレベルである。
インプラントだけでなく、根管治療や咬合理論にも精通されており
総合力の高さが高い成功率を支えているのだと感じた。

いろいろな術式を惜しみなく示してくださり、得るものはたくさんあるようで、明日も一日しっかり学ばせてもらおうと思う。
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-11 02:09 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 The 帰省ツアー!

実家に行っていました!

実家のある三重の松阪に帰っていました。

今回、帰ってたのが兄弟で私だけだったので、いろいろと
じっくり周ることができて楽しい帰省でした。

まずは、近場の青山高原というところにある 

「風力発電の風車」

こんなん近くにあったんや!!

とびっくりするど迫力の大きな風車。伊賀の里に近いところです。
風車の弥七と関係がっ!?と思いましたが、たぶんありません。
そのくらいでかいです。

b0082615_20214726.jpg
b0082615_20221216.jpg


およそ2000世帯の電力をまかなえる風車。
羽の大きさは幅2メートル 長さ24メートル!でかいです。
でも自然を利用した発電というのはエコの波に乗っていますね。

そして高原の湿地帯を歩いて、よいお天気の中気持ちよい空気
を吸ってリフレッシュ。

b0082615_2028665.jpg


お腹がへった所で、ドドンッ!! 松阪肉すきやき!

b0082615_20293126.jpg


松阪でも有名な老舗「牛銀」で食事を堪能。
贅沢してすいません。GWということでお許しください。

今日は、飯南町という、お茶で有名な田舎にある、隠れ家的な窯に
行ってきました。

b0082615_20325150.jpg


こんな顔が迎えてくれる窯。
ほんとに味のある、作品がそろっていて、時間を忘れる空間でした。

おいしくビールを飲めそうなピルスナー風陶器とお茶碗を購入。
まだ届いていないので、写真はないのですが・・・。

b0082615_2214267.jpg


いやー、リフレッシュ!!
ゆっくりしたいい時間を堪能しました。
ありがとう!!
[PR]
by shimizu-dc | 2008-05-05 20:23