しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Dr.J「2007年ありがとうございました」

12月29日土曜日、午前中までしみず歯科では診療がありました。
今年はこれで仕事納めです。

午後からスタッフ全員で大掃除。

一年間、ご苦労様でした。

医療事故とか過誤・・・
いろいろと厳しい現実はありますが、
しみず歯科は今年も無事に終えることができそうです。

器械もしっかり働いてくれて
歯科商店の皆様やメーカーの皆様にも助けられて
そして
患者様の協力もあって
無事に年を越すことができそうです。

皆様に感謝の一年でした。

(明日30日は
市民病院で休日歯科診療の当番に当たっていて
もう一日診療してきます。)
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-29 23:16 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 古都

京都に行ってまいりました!

日月の連休。古都京都に行ってきました。
クリスマス真っ只中の連休。さすがに人でごったがえしてました
が、いい小旅行になりました。

二条城のまんまえのホテルに泊まったんですが、いい
ロケーションで、眼前に二条城がきれいに見えました。
朝、晴れてるのに小雨がぱらついてて、へんな天気だ
なーと思ったら、

「虹だ!!」

b0082615_18524324.jpg



久しぶりに見ました。虹。
テンションあがりますね。うれしかったです。

いろいろ回ったんですが、しみず歯科ということで清水寺に参ってきました(笑)。
舞台は外国人や日本人の観光客でいっぱい!!
ちょっと情緒にかけましたが、行けてよかった。

b0082615_18553089.jpg


旅で人とふれあうのがとても楽しく思える今日この頃。
今回もいい出会いがありました。
京都の人ははんなり、人の接し方にとても好感をうけますね。

いい旅、夢気分。
ゴミ捨て代わってくれたスタッフBさんありがとう!
お土産買ってきたからね。

あと一週間で今年も終わります。
よい締めくくりをしましょう!!
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-24 19:00

Dr.J「千の風になって」

23日に、患者さんでもあった方の告別式があり参列してきました。

65歳という年齢で、仕事も現役でばりばりされていた方だけに
残念という言葉では済ませれないほどの悲しみがありました。

故人は生前、エッセイをしたためておられたということで告別式の最初に披露されました。

その中で、

年末になると知人の名簿カードを整理するのが習慣で、
その年に亡くなられた方のカードを
転鬼簿というものに移すことにしている
年々その数が増えて自分もそんな年齢になったのだということや
今まで楽しい人生を過ごす事ができていろいろな人に感謝したい気持ちであること、
決して死を迎えることに悔いはなく
天国というところでもうこの世を去ってしまった人たちと再会できる楽しみがあること
などを述べられていました。
そして、
今度は皆さんに自分の名簿を移すことで煩わせることになるかもしれない・・・。

職業柄か何事に対してもきっちりされた方で、
自分が一生を終えるところまで心の準備、
周りの人たちへの心遣いをされていたような気がしました。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-23 21:11 | 院長(Dr.J)コラム

Y   医院経営

今年もいよいよ後10日となりました。

この時期は何かと忙しいですが、しみず歯科でもこの一週間は救急の方も多く慌しい毎日です。
お待ちいただいた方、ご了承ください。

そんな中、本日から25日までの三日間クリスマスイベントとして、クリスマスカードと歯ブラシをプレゼントさせていただいてます。
この期間に予約が入っていた方はラッキーですね。

さて今週水曜日は月に一度の勉強会、Club-Sがありました。
今月の担当はN歯科クリニックのN先生でした。
内容は『歯科医院の看板やホームページの重要性について』
さすがN先生。東京や大阪でも講演されてるだけあって、貫禄のしゃべりっぷりでした。
経営に関してとても熱心に考えておられて、『患者さんを集めるのは院長の仕事だ』と言う言葉が印象的でした。
確かに良い治療をしようと思っても患者さんがいなければできないし、スタッフに給料も払えません。納得。

いかに患者さんを医院に呼び込み、定着させるかというのは現在の歯科医院にとってはとても重要なこと。
コンビニの数よりも多い医院の中から、自分の医院に来ていただくためには看板やホームページなどで医院をアピールしなければならないのです。
『こんな治療を行っています 医院のコンセプトは~です 場所は~です』など。

もちろん技術的なところやその他何らかの魅力がなければ、せっかく来ていただいた患者さんも離れていってしまうので、それを定着させるのはスタッフを含めた医院全体の総合力でしょうが・・・

いずれにせよ今回のClub-Sはいつもの技術的な内容から離れており、新鮮でした。

経営ですか・・・
まだまだ勉強することは多い。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-22 01:18 | Dr.Y

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 下川先生講演会

感銘を受けました!

院長の記事にあったように、金曜の診療後に、市内で行われた講演会に
参加して参りました。

九州の雄、下川先生の講演はとても心に響くものがあって
身になった事を強く実感しました。

63歳で、第一線で臨床に携わっておられるパワーもすごいですが、
患者さんに真摯に向かい合っていて、ひとつの理想の歯科医師像が
そこにあったように思います。

「医者は患者さんの命を救うことができる。歯医者は患者さんの人生を救うことができる。」

これからの歯科医師人生の羅針盤になるような言葉でした。

講演後、司会をされておられた小原先生のはからいで30代代表として
質問というか、決意表明を述べさせてもらうことができました。

「責任をとれるだけの力を持つ」

これを目指して、あきらめず、やり続けていくことにします。

貴重な機会を下さった院長、ありがとうございました!!


土曜日はしみず歯科の忘年会でした。
今年は一人、残念ながら送別会を兼ねてましたが、彼女も
きっとまた戻ってきてくれるんじゃ?と勝手に期待しています。
新人や実習生の歓迎会も兼ねて、例年以上に非常に盛り上がりました!

かなり飲んだなー。あの盛り上がりは今のスタッフ達の結束の
固さが現れていたんだと思っています。

今年もあとわずか!がんばろう!!!

b0082615_19281910.jpg

写真はミラノのドゥオーモ。これは夜の写真ですが、次の日ちょうど日曜日で
ミサが行われていて、実際に体験することができました。
感動的でした。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-16 19:24

Dr.J「下川先生講演会」

12月14日、診療後の遅い時間であったが、
「近未来の歯科医療~その傾向と対策~」というテーマで
下川公一先生のセミナーがあった。

包括的治療をバランスよく実践し、最高レベルの質の高い診療を精力的に行われている
日本の歯科の中で最も優れた指導者の一人である。

この日は、テクニック的な内容や症例というより、
情報化社会の中でどんな考えを持って歯科医療に携わっていけばよいのか
患者さんが求めているもの、歯科医師が考え果たすべきこと、人材も含めて
歯科医院が求められていることなどを本当にわかりやすく話された。

特に「説明能力と理解力」という点で、
診療の中でもこういったセミナーにおいても
理路整然としたわかりやすい説明能力が必要であることを語られた。

少し示された症例呈示で
「医者は命を救うが、歯科医師は人生を救うことができる」と述べられ、
歯科医師としての自負、責任、役割、生きがいを教えてくださったように思う。

セミナーのあと懇親会があり、
たくさんの若い先生が下川先生を囲んで話をしたり、質問にも答えてくださった。

懇親会は夜遅くまで盛り上がったが、
63歳という年齢にもかかわらず、歯科医療に対して謙虚な姿勢とバイタリティ溢れる生き方は
多くの先生に影響を与えたに違いない。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-16 11:28 | 院長(Dr.J)コラム

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 soccer!!

今日はサッカーをしてきました!!

昨日が岡大歯学部サッカー部の忘年会、そして今日がOB対現役の試合でした。
やはり、いつ行ってもサッカー部は楽しい。熱い、おもしろい、かわいいやつらで
今の部員達もみな大好きです。

現役時代にお世話になった先輩がたも来ていて、話に花がさき、結局4時まで
皆と過ごしました。
サッカー部の集まりには前々から嫁を一緒に連れて行ってるので、
今回も一緒のため、遅くなっても問題なしです。

サッカーのこと、歯科のこと、進路のこと、ばか話など、それぞれの
部員と話し、「へー、今の子はそんなこと考えてるんや」
と感じることも多く、刺激になりました。

先日の、岡山大学津島キャンパスの大きな学祭で行われた
漫才コンテストで、M-1高校生で全国優勝したようなコンビも出ている中
見事、優勝したコンビがサッカー部の学生にいて、その漫才を
余興でやってくれたりして、とても楽しい夜になりました。

今日は昼から夕方まで試合。イタリア帰りということでかなり
うまくなっているハズ!と意気込んで望みましたが、やはり
行っただけではサッカーはうまくならないようです・・・。

学生の力にあふれたすごい速さのプレイに圧倒されてしまいました。
彼らは日本人特有の俊敏さを持っているようです。

でもお天気も良くて、ほんとに気持ちのいい楽しい試合でした。


b0082615_1804684.jpg
会場は津島キャンパスの方のグラウンド。
b0082615_1812334.jpg

この写真はヴェネチアのサンマルコ広場の近くの海から見た寺院です。
感動する美しさでした。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-09 18:01

Dr.J「乳歯バンクその2」

(先日のDr.Yのブログねたの続き)

今日の新聞にも名古屋大学「乳歯肝細胞研究バンク」の設立の記事が載っていた。

乳歯の中から骨や神経などさまざまな細胞に成長する肝細胞を取り出して保存し
研究に役立てるそうだ。
乳歯は肝細胞を高密度に含み、増殖能力が高い。
そのうえ、自然に抜け替わるため倫理的な問題も少ないので利用価値が高いという。
同大学の上田実教授(岡山県歯科医師会学術でも講演に来ていただいた先生)が
再生医療で精力的に研究をされているが、早く実用化されてほしいものである。

アメリカではテキサス州オースチンというところで「バイオエデン」という企業が
「乳歯バンク」を設立したそうである。
子供の乳歯が抜けたときに冷凍保存し将来の病気治療に備えるため、
手数料(7万円)年間保管料(1万円)で利用可能である。
ただし、米国立研究所の研究チームが発表した研究が根拠になっているのだが、
乳歯の肝細胞が病気治療に実際に応用できるかはまだ未知数で、
こちらでは乳歯バンクに過度の期待には慎重であって欲しいとのことだ。

ところで、ついこの間紹介したごく原始的な乳歯保管ボックスの入手先がわかりましたので、
もし欲しい方がおられたら注文を承ります。種類は2種類あり、ひとつ約2000円です。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-08 23:24 | 院長(Dr.J)コラム

Y    乳歯バンク

すっかり寒くなり、忘年会シーズンですね。
今日もあちこちで忘年会帰りの集団に遭遇しました。

さて今日の朝刊に載ってましたが、乳歯幹細胞研究バンクというものが設立されたようです。
新聞を見られた方も多いと思いますが、乳歯の中から骨や神経などさまざまな細胞に成長する幹細胞を取り出して再生医療の研究に役立てるために開設されたようです。

将来的には、抜けた乳歯を保存しておいて、高齢になって骨折した際に骨を再生したり、孫の乳歯を使って祖父母の骨折治療に役立てる可能性があるそうです。

先日の院長のブログにもリンクしますが、乳歯の残っている方(成人では少ないかな?)やお子さんにはぜひ保存しておくことをお勧めします。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-07 23:51 | Dr.Y

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」 一〇会

12月突入ですね!!

今日は毎月行っている1年コースの包括歯科診療勉強会一〇会に
参加する為、山口県徳山市に行って参りました!

先々週、11月の会があったばかり、日程上短いスパンでの
開催になりました。

前回はスプリントによる顎位の模索という内容。
今回は、歯周治療(歯周病、歯槽膿漏)に使用する器具の技術
その器具の研ぎ方(シャープニング)を勉強しました。

講師の先生のところで勤務しておられるグレートな衛生士さん
のケースプレゼンテーションもありましたが、患者さんと二人三脚
で、真摯に、丁寧な治療を行い、長期間治癒した状態をコントロール
されており、感銘を受けました。

①知識
②認識
③技術
④自覚
⑤実践

この5つが治療のポイントであり、この順序通り、患者さんと
二人三脚で治療のゴールへと歩んでいくことが大事だということ
でした。

信頼と責任
歯周治療こそ、お互いのそれが一番必要な治療かもしれません。

今回は私の受講生ケースプレゼンテーションもありました。
緊張しましたが、なんとか無事終えてホッとしました。
この為にいろいろ資料をそろえたり、勉強しなおしたり、
なにより、評価してもらったことで大きな自信になりました。
ますますがんばろー!!

b0082615_23214397.jpg

写真はヴァチカン美術館の写実主義の絵画。
この時代の芸術って本当に完成されているのを感じました。

12月は忘年会シーズン!既に今月の土曜日は埋まった感じ・・・。
体に気をつけて、年末も頑張りましょう!!
[PR]
by shimizu-dc | 2007-12-02 23:43