しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「Dr.Qの一Q入魂!」

友人の結婚式に出席してきました。

僕に与えられた使命は2次会、3次会を企画すること!

快晴でしたね。
後楽園で行われた式は純和式で、そういう式は初体験でしたが、素敵でした。
能舞台に新郎新婦が登場したり、後楽園内で写真撮影(観園の入場者が大注目!)
をしたり、岡山ならでは!ってところがよかったです。

そのあと、披露宴は旧日銀のルネスホールで。
ここでは新婦のおばあちゃまのマジックショーを堪能。
爆笑マジックショーでした。

「は~い!この新聞紙に牛乳をいれま~す」

「はい~!全然こぼれてませ~ん!」

だいぶこぼれてました・・・。

そして、最後は外の芝生に出て、幸せの白い鳩を20匹くらい一斉に
放すんです。隊列を組んで空を舞う様子は感動的でした。

そのあとに僕が企画した2次会。
司会進行も段取りもつたないものでしたが、この日のために準備した
お知らせのオリジナル葉書や寄書き、写真のスライドショー、
そして、青春時代のビデオ、最後はバルーンシャワー!
なんとか、みんなに想いは伝わり、新郎新婦も喜んでくれたようです。

3次会はしみず歯科近くのPADANG PADANGで音楽ライブありの貸切パーティー!
大盛り上がりでした。
男前のマスターはほんとに親身になって開催をサポートして下さり、大感謝!

いたらない所はみんなが協力してくれ、友達や人とのつながりを
再確認した一日でした。

なにより、友人夫妻が幸せな一日を過ごせたことがよかった。
ホッとしました。
今日は家で軽く打ち上げをしよう。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-28 20:15

Dr.J「友歯会」

5月26日は友歯会という以前勤務していた診療所の同窓会みたいな会合に出席してきました。
会場は湯原温泉、土曜日の診療後車で出発し、集合時間の7時半ちょうどに到着しました。
多くの方が一緒に仕事をしたわけではないのですが、いろいろなことをアドバイスしていただける先輩であります。
診療のこと、社会保険のこと、人事のこと、様々なことを心おきなく語り合い、お酒を飲んで夜が更けていきました。(ちなみに私はお酒が飲めませんが・・・)
久しぶりの温泉でリフレッシュできたかなと思います。
多くの先生が、歯科医師会や同窓会で役職につかれ、会合が重なったため明日から参加の先生も幾人かおられました。
b0082615_015962.jpg

着いてすぐ宴会場へ
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-26 23:52 | 院長(Dr.J)コラム

Y   はしか大流行

はしか(麻疹)
麻疹ウイルスの感染により起こる病気。
たいへん感染力の強い病気。潜伏期は10日から12日で、発熱とともに咳、鼻汁、目ヤニがみられる
口腔内には白色の発疹(コプリック斑)がみられ、熱の上昇とともに全身に発疹が発生する。
一ヶ月ほどで鎮静するが、合併症を引き起こし、死亡することもある。

最近関東中心に猛威を振るうはしかですが、宮城、島根、九州各地でも感染者が報告され、全国へ流行が拡大する可能性もあるらしい。
特に関東で感染者が多く、休講の大学が続出しておりますが、なぜ若者に多くみられるのか?

『日本では1976年に定期予防接種が導入された。
89年からは新三種混合ワクチン(はしか、おたふくかぜ、風しん)も導入されたが、副作用で死亡したり重度障害を負うケースが相次いだ。
接種が中止された93年までの4年間は接種率が落ちた。』
今回の流行が学生や20歳代に目立っている傾向についてある専門家は言う。
「当時、接種を控えた世代で流行した可能性はある」

岡山ではまだ報告がありませんが、これだけ全国で感染がみられると岡山進出も時間の問題かもしれない。
特に予防接種を受けた覚えのない若者は要注意?

はしかに関しては特効薬はなく、対症療法が中心となるようなので、上記のような症状がみられたら、お医者さんに行って薬を出してもらいましょう。

いずれにせよ、季節の変わり目で体調を崩される方が多い今、体調管理には気を付けていきたいですね。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-25 20:07 | Dr.Y

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

学術勉強会に行ってきました!

今日は、田町の方で水道管が破裂したとかで断水。
濁水も出たようでたいへんでしたね。

歯科医師会で行われた学術の講演に行ってきました。

院長のブログに詳しく書かれていますね。
「歯科医療は生活に出会えているか」というテーマで秋元秀俊氏
「包括歯科診療における歯内療法」というテーマで森克栄先生

が講演されました。
現在の歯科界の流れを創った偉大な歯科医師の一人である森克栄先生。
院長に事前にとても厳しい人とは聞いていましたが、
いやー厳しい厳しい!

ご高齢な先生ですが、不注意にあくびをした受講者を
「ばかやろう!」
と怒鳴りつける!会員発表で発表した歯科医師会員の発表内容を
全くなっていない!議論にならん!と怒鳴りつける!

ご自分が真摯に歯科医療と向き合っておられることからくる
愛情ある教え、その結果としての御叱咤なのですが、
何しろ、怒られている方も50歳を越える、僕から見たら
大御所な先生方。ドキドキして見応えありました。

講演の中に出てきたIntentional Extorusion(意図的挺出)という言葉
とその手技。これはよく知ってる内容だなーと思っていたら、
同名の本を研修医時代に買っていました。森先生はその著者!
講演中にそのことに気づき、ちょっと興奮。
知らない間にお世話になっていましたと密かに感謝しました。

誠実に歯科医療に向き合うこと
ホープレスに見える歯をいかに保存していくか。


改めて歯科医師としての姿勢を教えていただいた気がします。
背筋が伸びました。

学術運営された院長もお疲れさまでした。



講演後、嫁とTOHOシネマに「スパイダーマン3」を見に
行ってきました。非常におもしろかった!!!
お腹いっぱいの内容で大満足。
しかし、上映の間にアイスティーを飲もうと思って売店に並ぶと・・・
『今日はビール以外は販売停止です。』
横のスターバックスも臨時に閉店している。

こんなところにも水道管の余波が・・・。


b0082615_0443373.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-21 00:44

Dr.J「森克栄先生をお招きして」

20日日曜日は歯科医師会生涯研修セミナーで
「歯科医療は生活に出会えているか
医療者―患者関係から歯科医療の立ち位置を考える」というテーマで秋元秀俊氏が
「包括歯科診療における歯内療法」というテーマで森克栄先生が講演されます。

19日の夜はこのお二人の講師をお招きしての打ち合わせ会が
柳川の「はむら」でありました。
私は岡山県歯科医師会の学術部に属している関係から、
講師接待という形でお食事を一緒させてもらい
御講演では聞けない話やプライベートなことなどもお聞きすることができました。

特に森先生はモダンデンティストの先駆者として1960年代に渡米され、
その当時の最新の歯科医療を日本に伝え、
現在活躍の多くの有名な先生方に影響を与えられた方で
その功績は大きなものがあります。

たとえば、最小限に手を加えることで最大限の治療効果を上げる
Minimal Intervensionの考え方を広めたり、
ほとんど抜歯かどうかという歯を
根管治療と挺出というテクニックを使って保存するなど
一本の歯へのこだわりから全顎を追求されている方であります。

ただし、森先生はかなり厳しい方で
講演当日会員発表も予定されており、
どんなコメント、批評がとんでくるか緊張する一面もあります。
講演会を支える立場として少なくともスムーズに進行されるよう祈っていますが・・・。

そんな心配をよそに「はむら」で美味しい日本料理をいただいた後、
講師や理事の先生方は夜の街に繰り出すのでありました。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-19 23:39 | 院長(Dr.J)コラム

Y    皆様留守中よろしくおねがいします。

明日はお休みを頂き、友人の結婚式のため福岡に行ってきます。

場所は福岡ドームの隣にあるシーホークホテル

久々に会う友人も多く非常に楽しみ

と同時にスピーチという大役もあり、手放しで喜べない複雑な心境。

なに、気持ちを込めればきっと伝わるはず。

頑張れ自分!
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-18 13:05 | Dr.Y

ついに・・・まわってきた(>。<)

kawaです。

ついに、まわってきました。

ごみ当番8時に・・・

今日ほど、私の家が遠いと思ったことはありません。。。

いつもは、7:30の電車に乗り、8:26に岡山駅に着きます。
1本前だと、7:57に着きます。
う~ん、8時には間に合わない。

ということで、今日は、5:30起き、6:30の電車に乗ってきました、、、
岡山に着いたのは7:25・・・やぁ~早すぎでしょ。

もう少しいい時間があればなぁ・・・と思うkawaでした。
しかも、ちょうど大雨で大変でした。

それにしても、私の住んでる「日生」は遠いですね・・・
でも、日生は、がたくさんあり、食べ物もおいしいですよ!!!
休日には人がよく集まる、バス釣りスポット?(多分)もあるので
次は日生で釣ってはいかがですか?

皆さん、日生に遊びに来てください(^-^*)
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-17 08:55 | スタッフのないしょ話

元気のヒミツ!?

引越しやPCの故障もあって、久々に自宅からの書き込みです ^^v

最近、我が家では風邪が流行ってしまいました ><

日中は夏日の日もあり、暖かかったのですが、夜になると冷え込む日もありますよね。

我が家では、ミズボウソウで抵抗力が弱った長男が風邪になったのをカワキリに、

不覚にも夫婦そろって風邪ひいたようです。

今日も二班に分かれての内科受診・・・なんだか行くだけで疲れました><

症状としては、喉の痛み、鼻水、発熱ですが、僕だけはなぜか発熱もなく

症状も比較的軽いようです。

熱が出そうなんだけど、そこまでいかず踏ん張れているような感覚・・

なんでかな?と考えたら家族の中で僕だけがやっていることがありました。

そう、それはニンニクのあれです!

もうお解りですよね^^

やはり何事も ” 継続は力なり ” ということですかねえ ^-^v
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-16 19:55 | 技工士Dの大暴走

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

今日は大阪へ学会に行ってきました!

「CAD/CAM パラダイムシフト」

コンピューターで歯の形をデータとして読み取り、コンピューターで
制御された機械が、歯のかぶせやつめものを自動的に削りだして
作るシステム。

未来的で最先端技術ですが、実用化し、普及し始めています。

歯科業界もマンパワー(人の手)が必要なくなる方向に進化している?

とはいえ、最終的な仕上げ、いかに天然の歯に近似させていくかという
段階では、技工士(テクニシャン)の力が不可欠なのですが、生半かな
技術ではかなわない程、コンピューターによるシステムは進化してきて
いるようです。

今までは、適合精度が悪い、ことやコストの問題があり、実際に
実用している臨床家はごくわずかでしたが、最近になり、急速に
一般化されてきています。(ちなみに院長は数例すでに経験されている。)

そこをふまえて、いままで及び腰だった人の概念を変える!!
っと名打ったこの学会。

最新技術を知ろうとしみず歯科からも、おなじみ3名が参加してきました。
Dr.Q Y と DT 大ちゃん。


日本ではその道でトップのドクター2名とテクニシャン2名の講演。
参加者はなんと800名オーバー!!
関心の高さが伺えます。

特に午後からのドクターの公演は審美治療の最前線!!という内容
でおもしろかったです。

ポイントは、
材料の性質を熟知し、同じ口腔内でも違う材料を適確に選択することが重要だ。
それがひいては最小限のリスクで最大限の結果を得ることにつながる。


最新の技術は多く出てくるが、それを把握した上で、適確に使用できる「目」と
いうものが一番大事だと感じました。

具体的な材料の物性、技工の実際などを学んできました。


帰りの電車・・・・
 少し疲れた3人は551の豚まんとビールで軽く打ち上げ(笑)。
 おいしかったー。

b0082615_1937273.jpg
b0082615_19372486.jpg
b0082615_19374138.jpg

おまけ
会場外でたまたま展示していたポルシェに乗り込むY先生。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-13 19:38

Dr.J「依存症」

医療系の雑誌に「依存症」についての特集があり、
読んでみると現代社会では「薬物依存症」だけではないことが解説してありました。

依存症というと、アルコール依存症、薬物依存症などが思い浮かびますが、
パチンコに代表されるギャンブル依存症、携帯依存、インターネット依存、PC依存など、
今までの概念では存在しなかった依存症があげられていました。

薬物が関与しない依存症でも体の中では脳内ホルモンであるドーパミンやアドレナリンなどの動きがあるといいいます。

ギャンブルなどの場合、大勝ちすると脳にドーパミン分泌が起こり快感を感じます。
この快感を繰り返し求めることから依存が始まり、
負けが続いた後の大勝がさらに強大な快感を生むことになります。
このようやめたいのにやめられない自己破壊的な状態が続くと依存症ということになります。
パチンコ依存症などは社会問題にもなっていますが、
問題は「出かけるときに、携帯電話を忘れてしまうと不安で落ち着かない」
というような携帯依存についてです。
依存症となると、これはもう病気なので診断基準が必要となるのですが、
どこからが問題なのかということです。
生命の危険が関係するという点で、
携帯電話の使用による交通事故、
携帯メールを使用していて電車のホームに転落する事故などは携帯依存として議論されるべきでしょう。
携帯電話の利用料も高額になると経済活動にもひずみが生じている事実もあります。

話が少しそれてきましたが、
携帯電話、インターネットのみならず高額な買い物をし続けて止まらないとか食べ始めると止まらないとか、身近に潜んでいる社会問題として「依存症」を理解しておく必要を感じました。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-12 23:29 | 院長(Dr.J)コラム