しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

健康が一番ですYO! 

いよいよ12月を迎えますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか・・・?

世間ではウイルス性の風邪などにかかったよ、治ったよ、などの声が聞こえますが

我が家も先週末の息子の発病をかわきりに、家族中が苦しんだ嘔吐下痢が

今日やっと全員落ち着きました・・・

よかったー。

これで来年まで、いやできれば一生、元気で過ごしたいものです^^
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-29 23:26 | 技工士Dの大暴走

Dr.K 悩んだ時のメンターは居ますか?

皆さんには、仕事の悩みやプライベートの相談をできるメンターがいますか? メンターとは、仕事や人生に効果的なアドバイスをしてくれる人のことを指します。
仕事がうまくいかなかったり、職場の人間関係で悩んだりすることは誰にでもあります。そのときに自分を客観的に見てくれて、違った観点からアドバイスをくれるメンターがいるかどうかです。

タイプで見ると「父性型」か「母性型」。子どもの育成には厳しい父性と優しい母性の両方がバランスよく共存していることが大切とされています。ひとりの親が両方の役割をする場合もあります。

もしも、自分を厳しく追い詰めるタイプなら母性型メンターが必要で、逆に意志が弱く状況に流されやすいタイプであるなら父性型メンターが必要だそうです。両方のタイプのメンターが、いれば最高でしょう。もし、今何かで悩んでいる人は、今の自分にはどちらのメンターが必要なのかをまず考えてみては?

人生まさに山あり、谷ありでしょう。自分だけではどうしようもできないこともあります。でもメンターが居れば乗り越えられるはずです。ちなみに私は、悩んだ時には必ず本屋に足を運びます。そして心のメンターである斉藤茂太先生の本を読んで、すっきりします。悩み期限は、自分の中に決めてそれ以上悩まないのもコツですよ。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-29 08:26

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

土曜のミーティングでスタッフが読んでくれた詩。

幸せを入れる箱をみんな持っている。
みんな大きな箱を持っていてそこに幸せをいっぱい
いれたがる。一つ入れても満足できずに次の幸せを
探し始める。
小ちゃい箱に一つ大切な幸せを入れてみよう。
そして、その幸せはもう持ってるんじゃないですか?
自分が普段気づいてない幸せを見つめてみよう。

うろ覚えで言葉は少し間違ってるかもしれないけど
こんな感じの詩。
とても心にしみるいい言葉でした。

この前行ったセミナーの中で聞いた話。

リンケージのIさんが言っていた。
Iさんが参加する研修会の人が必ず使う言葉があるそう。
何か、失敗をした時も、つらい時も、問題が起きた時も
必ずその人は

「僕はついてる。」

というそうです。

「いろいろあってたいへんだ、でもそんな事があって自分は
 成長できる。だから僕はついてる。」
「支えてくれる人がいる。協力を申し出てくれる人がいる。
 だから僕はついてる。」

言葉にすると、気持ちは入ってなくても、なんかちょっと
元気がでてくると思った。便利な言葉です。

へこんでる時、自分なりの元気のもっていき方がある
と思います。
僕は友達と飲んだり,相方と飲んだり、同僚と飲んだり、
飲んでばっかりやないか!
そんな時、その状況を違う視点から見られれば、
少し前向きになれる。
幸せな所はいくらでもある。
自分が成長できるいい機会だ。

ついてる・・・。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-26 20:46

Dr.J「マクロバイオティックス」

先日、OB会があって、その席で一緒になった先輩から、
教えていただいたことです。

その方はどちらかというと、
自然派で趣味に生きて生活を楽しんでいるという少し羨ましい人なのですが、
一冊の本を紹介してくれました。

「チャヤのからだにやさしいスイーツ」

一見、おいしそうなデザートがそのレシピとともに載っていて
見るだけで楽しめそうな料理の本という感じではあるのですが、
すべてカロリーが記載されており
そのどれもが卵・バター・牛乳・白砂糖を使わないというのです。
自然素材の穀物を中心にした食事法で自然治癒力を高め、
体と心の健康を取り戻す目的があるというのです。

化学物質などがまったく添加されていない自然の素材を
丸ごと活かした日本古来の伝統食を基本としているもので、

実は、このような理想的なバランスの取れた食事法や生活法を
マクロバイオティックスといい、
世界中で随分前から行われてきたものらしいです。
マクロバイオティックスの食事法は、
クリントンや、トムクルーズ、マドンナというような有名人や、
スーパーモデル、企業のトップも実践していると言われています。

「人間の歯の配列は穀物をすり潰す臼歯が20本、
野菜などを噛み切る門歯が8本、
肉などを切り裂く犬歯が4本で構成されており、
この割合で食物をとることが理想的といえます。
その土地でそれぞれの季節に生育するものを食べることが、
その地に生活する人々にとってふさわしい食生活なのです。
これらの考えを基本に東洋の陰陽五行説を組み合わせ、
バランスの取れた食生活をとり入れながら、
その環境にふさわしく伸びやかに生活することが
マクロバイオティックスの理念なのです。」
と調べてみるとすぐに出てきました。

これは、確か今年のクラブーSの発表会で
なかの歯科のグループが発表していた内容と共通することだと思い出し、
そんなに特別なことでもなく一般的にも浸透していることなんだと思いました。
関係する書籍や雑誌はもちろんですが、
そんな食材、食事を提供してくれるショップ、レストラン、カフェも
驚くほどたくさんありました。
毎日の何気なくとっている食事も心地よく健康に生きていくためには
少し考えないといけないなと思います。

それにしても、美味しくて、健康によくて、心にも、環境にもやさしいスイーツ・・・、
みるだけでも楽しめますが、
食べてみるともっと美味しいでしょう(きっと)。
b0082615_22204815.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-25 22:01 | 院長(Dr.J)コラム

Y  Jazz

今日は診療後、ルネスホールでジャズを聴きに行ってきました。
ルネスホールは以前Dr.Qのブログにも出てきましたが、旧日銀跡地を改築した建物で、今はコンサートや結婚式など多目的ホールとして使われています。
現在の銀行の造りとは違い、パルテノン神殿のような建造物なのでとても風情があります。

さて音楽のほうですが、菊池成孔(キクチナルヨシ)というサックス奏者がメインのバンドでした。
最近UAとコラボレーションしたアルバムを出したことでも話題になった人です。
私もこのアルバムを聴いて魅了され、今回岡山でライブをするということで聴きに行きました。

普段ジャズはほとんど聴かないのですが、大人な雰囲気でよかったです。
メンバーは五人。(Sax,Piano,Base,Drums&機会操作?)
最初はスローなペースで始まり、徐々にアップテンポになってきて、最後は激しいノリで終了。
会場もかなり盛り上がり、アンコールの拍手喝采。
アンコール一曲目はサックス無しの、なんとも雰囲気のある菊池による歌で終了。
二曲目はサックスかな?と思いきや、またもや菊池ボーカルによる某アイドル歌手の”sweet memory”(お世辞にもうまいとは言えない)
なんで聖子ちゃんやねん!と思いながらも次の曲に期待していたら、ここで終了。
最後はサックスで締めてほしかった!

アンコールは期待はずれでしたが、総合的にとても気持ちのいいライブでした。
また気分転換にコンサートに行きたいです。

この後、Dr.QことDJ Kuroiのパフォーマンスも見に行ったのですが、長くなりそうなので割愛させていただきます。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-25 03:39 | Dr.Y

一日遅くなりました^^ オススメ本です


最近、変な咳が止まらないDT片山です^^

一昨日、世界の日本人ジョーク集という本を買いました。

以前から気になっていた本でしたが先日、偶然ラジオ番組で著者からホンの紹介を聞いて

面白そうだなって思いました。

この本を読むと日本人がどういうイメージで見られているのかがジョークを通じて解ります。

単にジョークがつづられたものだと単調で退屈になるけど、

この本は解説がしっかりしてておもしろい。

著者が外国にいたときに日常の雑談で聞いた話も解説にも盛り込まれているので、

ジョークの裏にあるリアルな日本人像を伝えてくれる。

昔ながらのイメージだけじゃなく松井やポケモンの名前がでてくる新しいネタも多い。

笑いのネタはどんどん生まれているのですね^^

b0082615_23303942.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-23 23:31 | 技工士Dの大暴走

メタボリック症候群に対する歯科医師の役割

今日の月1クラブS勉強会はグリーン歯科の松本ゆみ先生が演者でテーマは“歯周病と全身疾患について”でした。特にメタボリック症候群、糖尿病そして歯科界にパラダイムシフト(物事の概念や常識がかわることを意味)を起こす、に絞って分かりやすくプレゼンして頂きました。

メタボリックシンドロームは最近、メディアによく登場する言葉でもう一般的に受け入れられている言葉でしょう。「内臓脂肪症候群」。成人病といわれたり、生活習慣病ともいわれている。「お腹に脂肪がたまっている」状態が続くと「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」のリスクが高くなります。その上、内臓脂肪を蓄積した状態でこれらいくつかの疾患が重なった時には「脳卒中」や「心筋梗塞」を起こす可能性が増大すると言われています。

また、歯周病と糖尿病や他の全身疾患との関連も言われ、歯科医師は歯周病をコントロールし、もっと国民の全身健康管理に貢献していく必要があると考えられるでしょう。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-22 07:56

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

今日はコーチング3回コースの最終日でした!

院長の記事にもあったように明日が最後の勤務になる
スタッフMさんと行ってきました。

先生はじめコースのメンバー達もそれぞれMさんに声を
かけてくれて、印象深い最終日になりました。

いろいろ書きたい事がたくさんありますが、
実は昨日は診療後、大阪に行っていて、ほぼ不眠の状態。

さすがに電池切れ!! 明日の朝、続きを・・・。

すいません。おやすみなさい。

----------------------------------------------------------------------

おはようございます!
続き。

グループでの実際のコーチングの実習が中心
だった今回、僕は一番難しいと感じました。

何かに気づいた人の 「ぱっ!」 と開いた顔。
今どんな道を進んでいるか確認することができること。

先生の質問によって引き出されるメンバー達の思い。

すげー・・・。

あんな風になりたい。

そう思いました。
3回やって、自分のコミュニケーションへの取り組み方が
変わりました。
自分がどんな事を考えて、どういう人間なのか、
以前より向き合って考える様になったと思います。

コーチングやコミュニケーションの深い考えに
少し足を踏みいれた感覚。
今から、踏み込むためには自分で追求していく
行動が必要です。

見事にとっかかりを創ってくれた先生に感謝。

今回、本音で語り合ったメンバー達とも
同窓会を開催することを約束しました!

すごいよね。
やはり、本音で語り合うことでみんな仲間っていう
感じがして、自然に、今後もまた会って話したい
って思います。

同窓会の名前も決まりました。

その名も・・・・

The 侍(サムライ)

みんな女性で、この名前も女性の提案。
男前すぎる・・・。

たじたじになりながらも、心地よい充足感に
ひたりながら、帰りました。

次、会った時、成長した姿をみせれるように、
頑張る!   by ますらお クロイ
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-19 23:39

Dr.J「ご苦労様でした」

平成5年から、十年以上の長きに渡って勤務してくれたDH.Mが、
20日でしみず歯科を卒業することになります。

残すところ一日となり、
患者様とのお別れ、引継ぎをしていくことを繰り返していると、
いつもいてくれて当たり前という存在であったのが、
いなくなるのはとても寂しい気がします。
患者様からの言葉がそれを本当に物語っており、
「残念です」「楽しみにしてきていたのに・・・」とか言われると
少し辛いものがありました。

ほとんど、開業当初から勤務してくれて、
しみず歯科の成長とともに歩んできたDH.Mは
しみず歯科の顔でなかったかと思います。
(心配される担当の患者様もおられるかと思いますが、
安心してください。
しみず歯科には優秀なスタッフが日々トレーニングを積み重ねています。
土曜日も遅くまでPMTCの練習をしていましたね。)

DH.Mも新たな道を歩みだすという決意をもって、
しみず歯科を卒業していきます。
いろいろな面で豊かな才能を持っている方なので
さらに活躍されることでしょう。

長い間、ありがとうございました。
ご苦労様でした。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-18 14:46 | 院長(Dr.J)コラム

Y  心肺蘇生

しみず歯科では患者さんのいざという時(気分が悪くなる、ショック症状を起こす等)のために救急蘇生のマニュアルを作っており、そのマニュアルに沿った練習を行っております。
また新人スタッフは年に一回日赤で行われる心肺蘇生の実習に参加するようになっています。

ところで京都市の伏見消防署醍醐分署の署員がこのほど、心肺蘇生法を分かりやすく伝えようと、耳と体の動きで手順を覚える「替え歌体操」を完成させたそうです。
人工呼吸から心臓マッサージに至る一連の動きを、歌詞を口ずさみながら体で表現するものです。
心肺蘇生法は、呼吸や心臓の鼓動が止まって倒れている人を救うために行う。しかし、「気道の確保」や「鼻をつまむ」といった細かい動作も加わって、市民から「話を聞いたり説明文を読むだけでは、手順が複雑で忘れやすい」との声があったという。
替え歌は、多くの人におなじみの「うさぎとかめ」のメロディーにのせて、蘇生法の手順を表したものです。

1番は、「もしもし助けと電話です〈周りに助けを呼んで119番通報を頼む〉/額に手をあて首後ろ/そらせば空気が入ります〈気道確保〉/次におなかに手をあてて」。2番は「息の確認〈人工呼吸前に行う〉/鼻つまみ/深呼吸2回ふーふー〈息を吹き込む〉/胸に手をあて手で待った/指をからませ下ろします〈心臓マッサージを行う〉」という歌詞です。
 振り付けは、〈助けを呼ぶ〉〈気道確保〉〈心臓マッサージ〉などの手順に対応して、「両手をあげて左右に振る」「首を後ろに反らせる」「両手を突き出して待ったのポーズをとり、指を絡ませる」と動かす。

心配蘇生法はいざという時にできないものです。
忘れがちな人は活用してみてはいかがでしょう。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-11-18 01:13 | Dr.Y