しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Dr.K そわか…

今日、朝のミーティングで担当のUさんが “そわかの法則” について話してくれました。

初めてきいた言葉だったので、ちょっと調べてみました。小林正観さんが提唱したそうですが、人が幸せになるための法則だそうです。「そわか」とは般若心経や真言などでよく用いられるフレーズでありがたい言葉のようです。昔、小さいころ般若心経を写経していたので、“そわか”は記憶にありました。「そわかの法則」の「そ」は掃除、「わ」は笑い、「か」は感謝の頭文字をとったもので、この3つをきちんと実践していれば人は必ず幸せになるというものです。朝から素敵な話を聴いて、実践しようと思いました。

掃除をして綺麗になるとハッピーになれるし、笑いの効果は皆様もご存知の通りで、さらに何に対しても感謝する気持ちを持つことはとても大事なことですね。

先週はブログ投稿せず、申し訳ありませんでした。以後注意します。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-31 23:19

☆感謝☆DH U

3日前☆友達に待ちに待った第1子が誕生しました☆
報告のメールにはとても幸せそうな「父と子」の写真なんだけど、どうしても
私には「兄と弟」にしか見えない(+_+)
友達が親になるってのはなんか不思議な気分ですね☆

おめでとお!!!ってお祝いのメールを送ると、その子が実はねえ。。。。。。。と。
「実は産まれてきたその子ね、口唇裂だったんよ」と。
最近では奇形児は本当に多くなってるんだよっていうのは聞いてはいたものの
実際にこんなにみじかに起こってしまうと改めて本当に多いんだなと実感します。

赤ちやんって元気に何事も無く産まれてくるのが当たり前のことだと今まで
思っていたんだけど、五体満足に何事も無く産まれてくるのってとても幸せな
ことなんだなと☆健康に産んでくれた両親に感謝です☆
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-30 13:21 | スタッフのないしょ話

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

インプラントセミナーに行ってるY先生、大ちゃん
医院見学&スタッフセミナーに行ってるK先生&スタッフHさん
鳥取に土曜から学会に行ってる院長、おつかれさま!!
今週は各地に飛んでそれぞれの研修ですね!
僕は、今日はコーチング3回コースの第2回目でした!

始まる寸前に到着したQとスタッフM。
前回から1ヶ月半、「振り返り」、自分が前回宣言したこと
の経過をみんなに報告するところから始まりました。

僕はスタッフに協力してもらって何人かに話を聞かせてもらった
こと、全員には聞けなかったこと、聴く事が自然にできることは
えらい難しいと感じたこと、最近は担当する班の子達に話を聞く
機会があること等を話したんですが、

18人のメンバー一人一人が、いろんな事を考えながら過ごしてきた
話は聞きごたえがあるもので、全員が話し終えるのに1時間
はかかったでしょうか。

みんな自分と向かい合い、努力をし、チャレンジをしている。

前回報告しましたが、18人のメンバーは僕以外全員が女性
です。熱い気持ちで報告をする姿は、心打つものがありました。

院長と話すのが怖いけど、話してみる努力をする。

家庭でのコミュニケーションを充実したい。

患者様の話が聞きたい。

チャレンジした内容は違えど、それが今までできなかった
自分を見つめて、改善しようと本気で取り組んでるなーと
いう姿勢に感じ入りました。

ちょっとその時、自分にひっかるところができたんですが
その時は深く考えずにいました。

その後、講義を聴いてコーチングについて勉強した後、
実際、話し手、聞き手(コーチ役)、オブザーバーに
別れてテーブルワークという実践形式の練習をしました。

これは前回以上に非常に「気づき」がありました!!

あー聴く事ってこーいうことだったのか!

話す内容の設定、聴き方で、こんなに変わるんだなー
というのを実感しました。
そして話した内容を3人で振り返ることで、自分に
できてなかったことや、こうすればよかったこと
などがよく理解できました。

体験することでよくわかる!さすが!先生!

今回は講師のS先生(同級生)と話す機会も多く
あったんですが、はじめに感じたひっかかりが
テーブルワークや先生との話で具体化し始めました。

コーチングを学ぶ理由って何?
コミュニケーション能力を上げたい!と思うし、
話した人の気持ちを引き出したい。でもその裏に
熱い気持ちはあるんかい?と。

みんなの本気で自分に向かい合った姿を見て、
自分の情熱に疑問を抱いたのかもしれません。

ちょっと精神論で怪しくなってきたようですが、
そんな考えを僕はもちました。

このセミナーに行くまでに何冊かまた本を読んで
コーチングについて勉強をしていったのですが、
テクニック的な手法ばかり身につけようと思って
いたような気がします。

それ以前に・・みたいな事がいっぱいあるなと
今回よく考えることがありました。

相手の本気の思いを受け止める覚悟や気持ちがいる。
的確な質問や軸がぶれないように持って行くこと、
テクニックは相当必要だ。しかし、強い気持ちがないと
まず始まらない。

奥が深い・・・・。

だからこそさらに身につけたい、向かって行きたい気持ち
が増しました。3回目までに何ができるか!?
がんばりまっせ!

一緒に行ったスタッフMさんおつかれさま!!
セミナーで感じたこと、また教えて下さい!
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-29 23:59

Dr.J「顎関節症」

10月28日土曜日から29日日曜日にかけて鳥取で
中国地区歯科医学大会があり、参加してきました。

土曜日は診療後、歯科医師会の学術の先生と車で出発しましたので
当日の桜井よしこ氏の文化講演は聞けず、協議会も参加せずでしたが、
懇親会の二次会には出席できました?!

県の歯科医師会の学術部としては日曜日の一般講演と、
同級生でもある岡山大学の窪木教授の学術講演がメインなのです。

テーマは「顎関節症」

年々、顎の調子が悪いということで来院される患者様は実際増えてきています。

一言で顎関節症といってもさまざまな病態があり、
生活習慣を気をつけていただくくらいの簡単なアドバイスで治癒してしまうこともあれば、
なかなか治らず、長期間にわたる場合や
痛みがひどく日常生活に支障をきたす症例等もあります。

一般講演では岡山県学術部から近藤康弘先生が
23年の予後をおった症例を発表されました。
さすがに大学の補綴科で専門分野として研究もされていたので
データの解析も客観的なきっちりしたものでした。
何よりも23年もの間、患者様と信頼関係を築きフォローされてきたことが素晴らしい!

29日の午後からの窪木教授の講演は2時間ほどでしたが、
顎関節症に対する最新の考え方処置方針などをわかり易く示してくれました。
特に難症例となる場合の鑑別診断は重要で、
知っていれば患者様は早期に痛みから解放されるし、
要らない咬合治療は避けられるということも話されました。
同級生でもある先生があれだけの素晴らしい講演をされたことは
自分としても誇らしげではありましたが、
ずいぶん立派になられたなと感動もしました。

明日からの診療に今回の学会で得られたことが
少しでも患者様に還元できるようにと気持ちを引き締めて帰路につきました。

b0082615_0403077.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-28 14:01 | 院長(Dr.J)コラム

Y   癒しの空間

世の中「癒し」ブーム、誰もが癒されたいと望んでいます。
「ヒーリング・ミュージック」がレコード店の一角を占め、「癒し」の商品があふれ、「気のヒーリング」「アロマテラピー」「リラクゼーション」等の講座やサービスも活況を呈しています。

では歯科医院ではどうでしょうか?
診療室の床下に炭を敷き詰め、「1/fゆらぎ」のBGMを流し、アロマオイルにやわらかなろうそくの灯り、といった「空気」「臭い」「音」に気を配った「気持ちよい」空間の歯科医院も存在するようです。また、アニメキャラクターやぬいぐるみで心をうばい、「怖い」というイメージを払拭する演出に成功している例も多く見受けます。
しかし、現実には歯科医院はまだまだ「痛いところ」「怖いところ」「できれば行きたくないところ」というイメージがあるようです。事実、むし歯や歯周病の治療のためには、タービンを回し、注射や抜髄、手術も行いますから(その苦痛の軽減のために最大限の努力をしても)ゼロにすることは難しいことです。

「癒し」は「苦痛」を取り除き、環境を心地良いものに改善することで得られます。
歯科医院の場合、前述の音や臭い対策とともに、極力「痛くない」治療をめざすこと。
「計画的な治療」を行って、目標とゴールを認識していただくこと。
治療自体が「苦痛を取り除く癒しの過程」であるという十分な説明をおこない、前向きに治療に取り組んでいただけるよう励まし、希望を与えること。 などでしょうか。

心が安定し、自律神経のバランスがとれると、免疫力や自然治癒力が向上し、「痛み」の感覚も弱くなるといわれています。

歯科医療は、健康な歯で噛み、食べるという人間の最大の喜びを守り、つくりあげる「癒し」を提供する仕事です。歯科医院を「癒しの空間」に転換できれば、患者さんの歯科医院に対するイメージもかなり変わるのではないでしょうか。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-28 01:14 | Dr.Y

DT大ちゃんのグーグルアースで大冒険 ^0^

横浜歯科学会2日目の朝にニュース番組に出てた地球検索ブラウザー『グーグル・アース』

3Dの地球儀のどこかをクリックするとスドーンと拡大されて都市や海や森、

そう、僕らの家もみえてしまうスゴイソフト。

これの無料版をダウンロードしてみました^^

行ってみた場所をファイル保存してみたんで紹介します
b0082615_2322292.jpg

ここはハネムーンで行ったローマのサンピエトロ大聖堂です。
上から見ても綺麗ですねー
b0082615_2343814.jpg

そしてこちらは日本の岡山しみず歯科上空600mです^¥^

ちなみに無料ソフトなんで人や車種までは解りませんが、

製品版は歩いている人まで見えるそうです。

有る意味コワイですね^^

まあ、なかなか面白いので興味のある人はやってみては?
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-25 23:12 | 技工士Dの大暴走

Dr.Q 「Dr.Qの一Q入魂!」

やっとやってきました!スポーツの秋!

ここ最近、学会やイベント事で、所属している
社会人サッカーチーム「ウ”ィバーチェ」の試合に
全然行けてなかったのですが、今日は3ヶ月ぶりくらい
に行ってきました!

学会、歯科医師会の勉強会続きで超多忙な院長。
すいません。
スポーツの秋してきちゃいました。

天気も程よく涼しくて絶好のサッカー日和!
バイパス沿いの浅越サッカーグラウンドでの公式戦。

わがチーム「ウ”ィバーチェ」は
岡山の社会人リーグでもかなり底辺に位置する
弱小チームですが、市役所の人や土木連合の人、
歯科医師の人等、いろんな職種の人が集まる
混合チーム。平均年齢3○歳くらい。

実力はたいしたことないが、サッカーを愛する人達
が集まる素敵なチームです。

今回の相手も上手そうな選手がいる強敵!
しかし、久しぶりでサッカーやりたくてテンションが
かなり上がっているQはモチベーション十分。

アップを念入りにして試合に臨みました。

キックオフ!

ピピー!ドーン!ゴール!
まず1点とられました。「まだまだ!ドンマイドンマイ!」

2点目はきれいにディフェンスの裏を抜かれました。
「顔あげていこう!」

ドーン!3点目・・・。2点目のリプレイを見ているようでした。
デジャウ゛?

終了近く。4点目は非常にきれいなシュートでした。
ほめてどうすんねん!!

前半終わって0対4・・・。
でも僕らはめげません。心が折れない強さがうちの売りです。
「よし!単純計算で5点とったら勝ちやな!がんばろう!」

完全に気分を入れ替えて臨んだ後半開始そうそうに
その劇的な瞬間は訪れました・・・。

左サイドハーフにボールが渡った瞬間、敵の一瞬の隙を
ついてゴール前に猛スピードで走り込むQ!
センタリングが、ドンピシャで右側ファーサイドに走り込んだ
僕の所に!

「喰らえ!!これは4点もとられたうちのゴールキーパーの分だ!」

とは言わなかったですが、額で真芯を捉えたヘディングシュート
はワンバウンドして勢い十分でゴール左隅へ!
完全に右に飛んでたキーパーとディフェンスをあざ笑うかのように
ネットに突き刺さる!

ごーーーーーぉぉる!!

結局、1対5で惨敗しましたが、僕は悔しさの中、
やりきった満足感いっぱいで、帰途につきました。

体中が痛い・・・・・。

b0082615_21411023.jpg


試合後、戦友のKさんと。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-22 22:09

Dr.J「学会シーズン」

学会シーズン

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、・・・。皆さんの秋は何でしょうか?

「スィーツの秋」と聞こえてきそうですが、気がつけばもう十月も後半で十分秋が深まっています。何をするにも気持ちよく打ち込める季節ということなんでしょうね。
Dr.Yの報告にもありましたが、先週の大きな学会参加からはや一週間が経っています。まだまだその感動と余韻は残っています。

実は岡山県歯科医師会でも14・15日にマウスガードの実習セミナーが開催されていました。(本当はそのお手伝いをしなくてはいけなかったのですが、・・・)

その県歯科医師会主催の救急蘇生の学術研修会が明日の日曜日にあります。
今度は朝からそのお手伝いに行かなくてはなりません。
もちろん自分の勉強にもなりますので有意義でこれも意味のあることです。
自分の好きな勉強だけしておればいいというものでもありませんし
幅広く情報収集のためにアンテナを張っておく必要があるとも思います。
たまたま県歯科医師会の学術部に属しているので、
学会やセミナーに参加する機会が多いので
これはというものがあればまた皆さんにお知らせしますね。

ちなみにその次の週は、中国地区歯科医学大会で、鳥取で学会があります。

その次の週は市の歯科医師会主催の歯ッピーフォーラムというのがあり岩井志麻子さんをお呼びしての公開講座もあります。

そしてDr.堀内のインプラントセミナーがあり・・・、小林和一先生の学術臨床放談会があり・・・。

僕のとっては「学会の秋」ということでしょうか・・・。
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-21 23:37 | 院長(Dr.J)コラム

Y   学会報告 

先週国際歯科学会の参加のため、横浜へ行ったところまでお伝えしましたので、今日はその内容と感想をお伝えしようと思います。

今回でこの学会は第5回目(4年に一回の開催)を迎えたのですが、私は初めての参加でした。そして国内でも超有名な臨床家の先生方(もちろん海外からもたくさん参加されていましたが・・・)が一堂に会し、その最先端&トップレベルの症例について聴けるということで、行く前からテンションは上がっておりました。

内容はやはり今の流行りということもあって、インプラント&審美が大半でした。

インプラントに関しては、『ただインプラント体を骨に殖立して上のホテツ物を付ける』といったものではなく、より審美的にするためにはどうするか?といったところがテーマだったように思います。
審美的なインプラント治療に関しては様々な先生の意見があり、それは抜歯の方法であったり、インプラントの埋入位置であったり、周囲歯肉の形態修正であったりと、『そこまでするか!』というくらいの《美》へのこだわり、そして手技の器用さにまさに唖然とするものでした。
その他にも、インプラントを埋入して、その日のうちに歯を提供できる『即時負荷』の手技手法や無歯顎の患者さんでも片顎4本のインプラントを殖立することで全ての歯をそろえてしまう『all-on-4』などもあり、今後も患者さんのニーズに対応すべく、インプラント治療は進化していくと思われました。

今回しみず歯科で初の学会参加だったわけですが、やはり朝から晩までぶっ通し(しかも二日連続)で講演を聴くというのは肉体的にかなり厳しかったと思います。
しかし今回の学会で皆が共通の知識を得たことや別の土地で一緒に行動したことは本で得られる知識とはまた違った何かが得られたのではないかと思います。

また次回こういう機会があればよろしくお願いします、院長!(笑)
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-21 01:43 | Dr.Y

街、そして田舎...  スタッフO

昨日は休診日という事で、先日オープンしたばかりの「さんすて岡山」に行ってきました。
平日なのに凄い人でビックリ!! 中四国初出店のお店やかわいい服がたくさんあって、すっかり都会の雰囲気になった岡山駅でした。 そして、おいしいお茶とスイーツを食べた後歩いていたら、あんぱんさんに遭遇するというサプライズもありましたv。 (最近偶然会う人が多い...。Q先生、Y先生、Yoさん、あんぱんさん...)

そして、日曜日は祖父母の家の近くの神社で秋祭りがあるらしく、近所のおばさんにお誘いを受けたのでいつもより少し早く田舎に行ってこようと思います。
目玉は参加者に配られる『くじ』だそうです!!

祖母   「最下位でも軍手が1ダースあたるんで〜」
私    「!?」
おばさん 「私は今年はバケツが欲しいんじゃ〜」
私    「!?!?!?」

.........まあ、参加する事に意義があるってことで(汗)
[PR]
by shimizu-dc | 2006-10-19 08:40 | スタッフのないしょ話