しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「セミナーの秋」

「秋分の日」というのにこの暑さはどうしたことでしょうか?
連日真夏日である上に、昨日、大阪では35度を越える猛暑日だったらしいです。
 
「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますので、もうそろそろ過ごしやすくなることを
期待して・・・。

さて、秋といえば、皆さんは何の秋を想像しますか?
何といってもしみず歯科では「食欲の秋」でしょうか!(失礼・・・)

個人的には、学会のシーズンなので「セミナーの秋」でしょうか?

10月には、大阪で、
(株)ヨシダ主催の「インプラント治療におけるCT画像の必要性」(10/7)というテーマで
講演会があります。
同じ大阪国際会議場で、こちらは2日間に渡って
ノーベルバイオケア主催の「エステティックフォーラム2007in大阪」(10/7・8)が開催されます。
岡山市歯科医師会では、
歯ッピーフォーラム(10/31~11/4)が岡山市内で予定されています。

11月には、
中国五県歯科医学大会(11/11)
東京デンタルショー(11/17・18)
など、目白押しで、すべてに参加することはできないですが、
最新の情報をゲットすべく予定を考慮中です。

さて、10月14日からは少しお休みを頂いて
ペンシルベニア大学歯学部でのインプラントのアドバンスコースに参加して参ります。

Dr.J.P.Fiorellini教授、Dr.M.B.Blatz、Dr.Luis Rose、Dr.A.Weisgold、Dr.M.Nevins、Dr.R.A.Jaffin、Dr.S.Wallace、Dr.H.S.Baumgarten、Dr.E.Lee、Dr.Barry Levin、Dr.Henry Salamaら
ハーバード大学、ニューヨーク大学からの講師陣も参加のコースです。

審美領域におけるインプラント、インプラント治療のパラダイムシフト、
各種セラミックスのインプラント応用、上顎洞挙上術式における新しい外科術式、
歯周治療・インプラント治療における細胞組織工学の応用、
即時荷重インプラント治療などの講義とライブ手術・ライブ補綴・ハンズオンなど
が予定されています。

10月11月はこんな感じでとても楽しみなセミナーがたくさんあるのですが、
皆様には大変ご迷惑をかけるかもしれません。
ただ、これらは世界でも最新最高の知識技術レベルを習得して、
臨床に少しでも生かすためなのです。
より安全で安心できる治療を提供するためであることを理解していただければと願っています。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-09-22 23:34 | 院長(Dr.J)コラム