しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「学術臨床放談会+台風4号」

超大型台風4号が九州方面に多大な被害を与えている最中、
岡山市歯科医師会主催の学術臨床放談会が予定通り開催されました。

本日のテーマは「歯科インプラント治療における骨増生法」、
こんな天候でもインプラントに興味を持っている先生が多いようで、
出足を心配していたにもかかわらず80名以上の先生方が出席されていました。
講師は岡山大学大学院の目瀬 浩准教授です。

最近の歯科臨床ではインプラントは
予知性の高さから欠かすことのできない治療の選択肢になっていますが、
ただ単に咬めるというだけではなく
高度な機能性と審美性がますます要求されるようになっています。

そのため、インプラント埋入予定部位に十分な骨量がない場合の治療法として
骨移植があります。

講演ではその方法として最も安全で予知性が高いとされる
自家骨移植による骨増生法を紹介されていました。

また、骨を移植することなく皮膚、筋肉、血管、神経などの難組織も延長できる
仮骨延長法という術式も説明されていました。

大学病院ほど大掛かりな手術はできないですが、
しみず歯科でも必要な場合には骨増生を行っています。
傾向としては、
なるべく患者様に大きな負担を与えない、
期間も痛みも不自由さも含めて楽にいい結果が得られるようになっていくようです。

今後はしみず歯科の方向性として、
大学病院と連携して難症例でも十分満足の得られるインプラント治療に
レベルアップしていく所存です。

(帰りは岡山地方にもかなり接近していた頃で、雨風激しくたいへんでした。)
[PR]
by shimizu-dc | 2007-07-14 21:36 | 院長(Dr.J)コラム