しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「依存症」

医療系の雑誌に「依存症」についての特集があり、
読んでみると現代社会では「薬物依存症」だけではないことが解説してありました。

依存症というと、アルコール依存症、薬物依存症などが思い浮かびますが、
パチンコに代表されるギャンブル依存症、携帯依存、インターネット依存、PC依存など、
今までの概念では存在しなかった依存症があげられていました。

薬物が関与しない依存症でも体の中では脳内ホルモンであるドーパミンやアドレナリンなどの動きがあるといいいます。

ギャンブルなどの場合、大勝ちすると脳にドーパミン分泌が起こり快感を感じます。
この快感を繰り返し求めることから依存が始まり、
負けが続いた後の大勝がさらに強大な快感を生むことになります。
このようやめたいのにやめられない自己破壊的な状態が続くと依存症ということになります。
パチンコ依存症などは社会問題にもなっていますが、
問題は「出かけるときに、携帯電話を忘れてしまうと不安で落ち着かない」
というような携帯依存についてです。
依存症となると、これはもう病気なので診断基準が必要となるのですが、
どこからが問題なのかということです。
生命の危険が関係するという点で、
携帯電話の使用による交通事故、
携帯メールを使用していて電車のホームに転落する事故などは携帯依存として議論されるべきでしょう。
携帯電話の利用料も高額になると経済活動にもひずみが生じている事実もあります。

話が少しそれてきましたが、
携帯電話、インターネットのみならず高額な買い物をし続けて止まらないとか食べ始めると止まらないとか、身近に潜んでいる社会問題として「依存症」を理解しておく必要を感じました。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-12 23:29 | 院長(Dr.J)コラム