しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「息をする=生きる」

息、すなわち呼吸が生命活動の根幹であることは間違いないことである。
食事を一週間とらなくても人間は死なない。三日、水を飲まなくても何とか生き延びれる。しかし、何分間か呼吸を止めると人は死んでしまう。
普段意識していないこの呼吸は人間の生命活動の中で本当は最も重要なことである。

最近、呼吸法に関していろいろな方法が述べられ、指導されているが、
要はより良く呼吸するということである。
様々な健康法や、食事法、生活習慣の改善、運動法などありとあらゆるもののベースになるものが呼吸法であろう。
 
さて、呼吸法といっても具体的にはどうすればよいのだろうか?
長く息を吐きゆっくり鼻から吸い込む、腹式呼吸をするために下腹部に手を当て意識を集中するとか・・・。
どんな呼吸法でも構わないと思うが、大切なことはしっかり肺全体を使うようにすることである。まずは吸気、肺の隅々まで行き渡るように意識すること、吐くときにはすべての呼気が吐きつくされることが大事なのである。
短く速い呼吸を続けると新鮮な空気が肺に達するまでに気管支のあたりまでで行ったり来たりしているだけになってしまう。結局、喚起効率の悪い呼吸になるということだ。
肺そのものは運動しないので喚起効率を高めるには横隔膜をしっかり動かす必要がある。腹式呼吸をしなさいといわれる所以だ。
難しいことはともかく、「息をすること」を意識して肺を感じることが大切なのだと思う。

多くの方が、この連休中にいろいろなところへ行かれたのではないでしょうか。自然とふれあい新鮮な空気を思い切り深呼吸し、「息をする=生きる」ことを感じられたでしょうか。
[PR]
by shimizu-dc | 2007-05-05 23:07 | 院長(Dr.J)コラム