しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「笑いの効果」

いつも朝は車での通勤途中、FMラジオを聴いているのですが、
「笑いの効果」についておもしろい話をしていました。
もう以前から言われていることなので、皆さんご存知でしょう。
一応、 Smile & Gentle をモットーとするしみず歯科ですから、
活かせることがないか考えてみました。

まず、どんな効果があるのでしょう。

笑いは有酸素運動なので、笑えば酸素を体内にとり込み、
血行をうながす運動になり脳や全身へ、
酸素や栄養がスムーズに運ばれるようになるので、
新陳代謝がよくなって、免疫力もたかめます。
リンパ球のうちがん細胞に直接働きかけるNatural・Killer細胞(NK細胞)の活性状態を高め、
正常に戻すといわれています。
笑いには、短時間で免疫力 を正常化させる効果 があるということです。

また、脳内モルヒネと、エンドルフィンという
強力な鎮痛作用を持つ神経伝達物質が増加し、
痛みを忘れてしまうともいわれています。 

さらに、笑顔を作るために口角を上げるということが脳波を刺激し、
実際には笑っていなくても、情緒を司る右脳の活性化が見られ、
ストレスで左脳を使う人にとってリラックス効果 がある
と考えられています。

そして、笑いには何と ダイエット効果もあるということをご存知でしたか?
大笑いは内臓のジョギングとも言われ、適度な運動に匹敵する効果があり、
大笑いでリラックスすると自律神経の働きが安定。
適度な運動をした時と同様、血中酸素濃度も増加するため、
ストレスを大幅に減少させることができるそうです。

医学的にも「医学療法研究会(米国)」「日本心身医学会(日本)」など
様々な研究機関がさまざまな笑いの効果を報告しています。

そして、何より笑顔が素敵できらきら輝いている人は、
周りの人たちも幸せな気持ちにしてくれますし、
人をひきつけ元気にしてくれることでしょう。
一緒にいて癒される人というのはユーモアのセンスがあって、
いつも笑顔を絶やさない人なのでしょうね。

作り笑いでも効果があるということですから、笑顔効果、恐るべしです。

(しみず歯科でも朝の一言クレドに替えて、
ユーモアの一言でスタッフ全員が自然な笑顔になれば、
座布団一枚、いやハッピーコインとかどうかな・・・)
[PR]
by shimizu-dc | 2006-07-15 11:50 | 院長(Dr.J)コラム