しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「岡山県歯科医師会秋季歯科医学大会」

平成24年11月11日、岡山県歯科医師会館で
神奈川県開業の田中五郎先生と兵庫県開業の三木逸郎先生をお招きして
「総義歯難症例への対応」「訪問歯科診療で総義歯を機能させるには」
というテーマで御講演をしていただきました。

大阪では日本歯科医学会総会が行われていますので、
参加者が集まるかどうか不安な部分もありましたが、
雨にもかかわらず、たくさんの聴講者が県外からも参加してくれました。

午前中の田中先生の講演では
長期に総義歯を使用している方は、下顎の顎堤吸収が進んでいるばかりではなく上顎も吸収が進み
さらなる難症例に陥っているケースが増えてきている(超高齢化社会の影響)とのこと。
従来の総義歯製作では解決しないので、「筋圧中立帯を基準としたデンチャースペースに義歯を作る」
手法が必要ということで、
特殊な器具を用いることなく、歯槽頂を外して人工歯を配列しても
義歯が外れない床外形と研磨面の設定方法などを
わかりやすくVTRを交えて解説していただきました。
話術も然ることながら、内容のレベルも高くあっという間の2時間の講演でした。

午後からの三木先生の講演では、
義歯がきちんと出来て当然、(もちろん田中先生と同様な理論で手を抜かない義歯をきちんと作られる)訪問診療では、そこから始まるんだと強調されていました。リハビリのために使う道具としての義歯が提供できて、理学療法士や作業療法士らと連携しての対応が可能になると教えられました。
ジョークが好きで聴講者を何度も笑わせるところも多々ありましたが、ジーンと心に響くやりがいを義歯作製から感じるところもありました。

午前中はテクニックを学び、午後は歯科医師としての姿勢や考え方を学んだような一日でありました。
b0082615_09301.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2012-11-13 00:13 | 院長(Dr.J)コラム