しみず歯科のDr DTがお送りしています!


by shimizu-dc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お勧めホームページ

しみず歯科は常に進歩し続けます!すべてはよりよい治療のために!

http://www.dc-1.com/




b0082615_1325384.jpg


Dr.K & Dr.Q 歯医者親子の『DO OUR BEST !! 』





カテゴリ

全体
院長(Dr.J)コラム
スタッフのないしょ話
Dr.Y
技工士Dの大暴走
Dr.T
Dr.M
Dr.G

以前の記事

2013年 09月
2013年 07月
2012年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Dr.J「アジアパシフィック2010」

8月21・22日、東京品川で
「ノーベルバイオケア シンポジウム アジアパシフィック2010」が
開催され、参加してきました。

今回は、画期的な術式や新しい器材の発表の場であるというより、
より安全により低侵襲にインプラント治療を行うためにはどうすればよいか
ということにフォーカスしていた感でありました。

インプラント治療において、
今や難しいケースでも適応できる様々な治療方法が確立されてきています。
ただ、技術的に進歩してもそれを施術するのも受けるのも「人」であります。
患者さんそれぞれの価値観が違うように、適応される治療計画も様々です。
インプラント治療に限らず、すべての治療において
術前の診査・診断と治療計画を患者主体で検討していくことが
重要であると思います。

シンポジュウムでは、
コミュニケーションの重要性、低侵襲治療のトレンド、
インプラント周囲組織の審美的維持、審美治療のための材質選択、
骨移植の選択と適応、メンテナンス、
無歯顎患者への即時負荷の注意点など
10のセッションが2日間で行われました。
他にも、歯科衛生士・歯科技工士対象に2つのメイン会場が設けられ、
セミナー、ハンズオン、ワークショップが同時進行で行われていました。

アジア地域を対象に2400名以上の参加者を集めて
開催されたシンポジュウムで
現時点での世界的な考え方やコンセンサスが示され、
より成功率を高め、最大限の効果を得るインプラント治療はどういうことか
見えてきたような気がします。
b0082615_14242429.jpg

[PR]
by shimizu-dc | 2010-08-24 14:24 | 院長(Dr.J)コラム